メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ジェラールベルトラン」検索結果。

ジェラールベルトランの商品検索結果全5件中1~5件目

[2011] シャトー・ド・ヴィルマジュー・グラン・ヴァン / ジェラール・ベルトラン フランス ラングドック・ルーション / 750ml / 赤

エノテカ・シャトー蔵出しワイン

4,104

[2011] シャトー・ド・ヴィルマジュー・グラン・ヴァン / ジェラール・ベルトラン フランス ラングドック・ルーション / 750ml / 赤

2011 CH.DE VILLEMAJOU GRAND VIN / GERARD BERTRANDジェラール・ベルトランは、南仏、ラングドック・ルーション地区において、ハイコスパ、ハイクオリティなワインを造り出すパイオニアとして知られるワイナリー。かつてはラグビーのフランス代表選手だったという異色の経歴を持つジェラール・ベルトラン氏がオーナーを務めています。ワイナリー設立当初、畑の所有面積は約40ha、ワイナリーはドメーヌ・ド・ヴィルマジューのみでしたが、現在では、畑の面積は約500ha、所有するワイナリー数は9つに拡大。南仏のハイコスパワインの代表的存在で、常にラングドック地方全体のワイン造りを牽引してきました。 ジェラール・ベルトランは、アメリカの評価誌ワインエンスージアストにて「2011年 ヨーロピアン・ワイナリー・オブ・ザ・イヤー」を受賞。2012年にはインターナショナル・ワイン・チャレンジにて、「ワインメーカーズ・オブ・ザ・イヤー」に選出されるなど、数々のワイン専門誌、評価誌で高い評価を獲得。またジョエル・ロブションなどの名門レストランや、エールフランス航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、スイス航空など、13の航空会社の機内ワインとしても採用され、そのコストパフォーマンスの高さと確かな味わいで、じつに世界70ヶ国で愛飲されています。 ジェラール・ベルトランの日本でのブレイクのきっかけとなったのが、ドメーヌ・ド・ヴィルマジュー・コルビエール・ルージュ。日本では2004年、雑誌ブルータスの「3000円以下の非発泡性ワインのブラインドテイスティング」において141本の中で第2位となったことにより、一躍ヒットとなりました。フレッシュかつ凝縮した果実味とスパイスの風味という南フランスの赤ワインのお手本のような仕上がりが人気を博し...

こちらの関連商品はいかがですか?

[2011] オパリー・ド・シャトー・クーテ / ソーテルヌ・バルザック フランス ボルドー / 750ml / 白

エノテカ・シャトー蔵出しワイン

8,640

[2011] オパリー・ド・シャトー・クーテ / ソーテルヌ・バルザック フランス ボルドー / 750ml / 白

2011 OPALIE DE CHATEAU COUTET / BARSAC 貴腐ワインの産地、ソーテルヌの第一級に格付けされる、 シャトー・クーテが造る辛口白ワイン。 爽やかなミネラル感に溢れた、洗練された仕上がり。 世界最高の貴腐ワインの産地ソーテルヌ。 AOCソーテルヌと名乗れるバルザック村の中で、古くからシャトー・クリマンと並び、 地域ナンバーワンシャトーの座を競い合ってきたのがシャトー・クーテです。 共にソーテルヌ一級に格付けされており、評論家たちもどちらのシャトーを上と見るのか、 それぞれの好みで意見が分かれます。 シャトー・クーテはボルドーに数あるワインシャトーの中でも、最も歴史の古いものの一つ。 1643年には領主シャルル・ル・ゲランがシャトーを所有していたと言われています。 時は流れ、1977年にシャルル・ル・ゲランはマルセル・バリに領地を譲り渡し、 シャトーの大がかりな再生に取り掛かります。 現在は息子フィリップとドミニクに引き継がれており、 38.5haの敷地は整備され、栽培方法が見直されています。 さらには醸造所や発酵タンク、そしてシャトーの建物自体の改修も行われました。 1994年には、バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド社と クーテの独占販売契約を交わしました。 技術と販売の両面からクーテを世界へ広めるべく努力が続けられています。 こちらの"オパリー・ド・シャトー・クーテ"は、 シャトー・クーテが2010年から生産を開始した辛口白ワインです。 バルザックで最初の辛口白ワインであり、 プルミエ・グラン・クリュ(第一特別級)の中心で限定生産されています。 オパリー・ド・シャトー・クーテの畑は、 粘土質と石灰質の厚い層からなる土壌で、 ワインは樹齢40年の古樹から造られています。...

[ Poupille ] プピーユ、2011 コート・ド・カスティヨンAOC ( 赤 ) 750ml/フランス

Amazon

4,280

[ Poupille ] プピーユ、2011 コート・ド・カスティヨンAOC ( 赤 ) 750ml/フランス

プピーユの人気は不変! 今や、メドック グラン・クリュの格付けに等しい評価が定説になった。 プピーユ、2011 コート・ド・カスティヨン 赤750ml ●Poupille 2011 Cotes de Castillon A.C フィリップ・カリーユ氏は[フランスワインの12ヶ月]の中で、 ***「一種の天才」らしい*** と称されており、 事実、 20歳半ばから手がけたプピーユは、92年にオランダで行われたワインコンテストで、 あのペトリュスと決勝まで争ったことは 衝撃的なことで、伝説的に語られ、 ゴーミヨー誌の「消費者が選ぶお買得ボルドーコンテスト」で1位になった。 と、華々しいデビューにより「シンデレラワイン」と称されるワインです。 もちろん、日本でもメディアがスルーするはずがありません! 「神の雫」だけでなく、多くのワイン誌にそのシンデレラぶりが取り上げられました。 シャトーは、 カスティヨンの北西に位置し、 サン・テミリオンから尾根がつながっている丘陵地帯の一角にあります。 岩盤はサン・テミリオンからつながった石灰層で、その上に粘土層が覆っている、 地質学的にはサン・テミリオンと同じ土壌です。 コート・ド・カスティヨンは、いわゆる「ボルドー右岸」と括られる地域に含まれるわけで、 各シャトーやエノロゴがこぞって力を注ぎ始めており、 先進のボルドーと言った地域です。

[2011] バローロ・トルトニアーノ / ミケーレ・キアルロ イタリア ピエモンテ / 750ml / 赤

エノテカ・シャトー蔵出しワイン

7,452

[2011] バローロ・トルトニアーノ / ミケーレ・キアルロ イタリア ピエモンテ / 750ml / 赤

2011 BAROLO TORTONIANO / MICHELE CHIARLO バルベラ種で成功を収め、数々の銘醸畑を所有する バローロが誇る優良生産者のひとつ。彼らが唯一、 大樽で熟成させて造るクラシックスタイルのバローロ。 5世代に渡るブドウ栽培農家に生まれたミケーレ・キアルロ氏は、1956年、アスティ県のカラマンドラーナに小さなワイナリーを設立し、醸造をスタートさせます。バルベラやモスカートの栽培がこの地域で、ガヴィ、アスティ・スプマンテ、バルベラ・ダスティなどの相当な生産量による大規模ビジネスを展開していきました。特に、バルベラ・ダスティーは、1988年以来ガンベロ・ロッソ誌で 3つグラスの最高評価を獲得し続けており、 日常ワイン用品種を世界的レベルまで昇華させ、 その名前を広めるきっかけとなったワインです。 そして、カンヌビやチェレクイオ、ロッケといったバローロ屈指の畑を購入し、彼の実力はバローロにおいても発揮されることになります。 他の有名生産者と共にバローロのレベルを高めるため、彼が目指したのは、タンニンを和らげながらも、特徴的な個性と長命さを維持すること。 そのために、ブドウの房を徹底的に少なくし、 醸造所内での発酵温度のコントロールと浸漬時間の短縮を実践しました。 そして、熟成は伝統的な大樽ではなく、新樽率50%の700リットル樽で行われます。 この製法は、1988年ミケーレ・キアルロが編み出したもので、現在でも変わっていません。 こうして造られるのは品種と土地の個性が最大限表現されたワインです。 バローロ・トルトニアーノは50年間「クラシック」なバローロであり、 現在でも唯一大樽で精製されます。 使用されるのは、チェレクイオの丘にある厳選された6ヘクタールの区画から取れるブドウ。 南向き、または南西向きの畑は...

送料無料
2011年シャトー・ラ・フルール・ペトリュス/ポムロル/750ml/赤ワイン

Amazon

20,334

2011年シャトー・ラ・フルール・ペトリュス/ポムロル/750ml/赤ワイン

右岸NO.1とNO.2のシャトーの間という好立地で造られ、 右岸の巨匠が手掛けるシャトー。 複雑かつ芳醇で華やかなアロマが特徴のヴィンテージ。 もともと数あるボルドー右岸の中でも 安定した高い実力を持ち、 それでいて価格が抑えられていることから、 ディープなワインラヴァーに大変な人気を誇るシャトー・ラ・フルール・ペトリュス。 こちらはシャトー・ペトリュスやシャトー・オザンナを所有する ジャン・ピエール・ムエックス社がワイン造りを手掛けています。 そうそうたるポムロルのシャトー郡に囲まれつつもこのシャトーの名声が薄れないのは、 ムエックス氏を筆頭にシャトーのスタッフによって絹のように滑らかな舌触りと、 柔らかなテクスチュアを持つ豊かなワインを造り続けているからなのです。 2011年のラ・フルール・ペトリュスは、リッチネスやスタイル、 そして個性など、総じてペトリュスに似た特徴を持っています。 色合いは深い紫色。クリーム・キャラメル、ブラックチェリーやキイチゴなどの 黒系果実の甘い香りにお香などニュアンスもあり、芳醇なアロマが立ち上がります。 プラムやレッドカラントなど、新鮮な果実のような味わいが広がり、 樹木のような香りが漂うフィニッシュ。 さまざまなニュアンスのある複雑な味わいですが、スタイリッシュで均整の取れたスタイル。 とてもアロマティックで、すでに花開きつつある華やかなアロマが特徴。 今からでも十分に楽しめるやわらかな造りとなっています。

送料無料
シャトー・プリューレ・リシーヌ [2013/赤ワイン/フルボディ] 750ml

Amazon

4,000

シャトー・プリューレ・リシーヌ [2013/赤ワイン/フルボディ] 750ml

■商品のご紹介フランス語で“小修道院"という意味のプリューレと、以前オーナーであったアレクセス・リシーヌ氏の苗字を取って名付けられているのがシャトー・プリューレ・リシーヌです。その名前が示すとおり、もともとはたった4haの土地で修道院のミサ用に細々と作られていたワインが評判となり、市場に出回り人気を博すようになった、そんなエピソードが残されています。多くの砂利が堆積し、マルゴー地区の格付けシャトーの畑が集まる“カントナックの丘"の上にある畑は、マルゴーの中でもトップクラスです。アレクセス・リシーヌ氏はこのシャトーへ多大な投資を行い、近年にはサンテミリオンの有名醸造家であるステファン・デュルノンクール氏がコンサルタントになったことで、一段とその品質は向上してきています。豊かな果実味とエレガントでしなやかな口当たり。知的なスタイルを持つプリューレ・リシーヌのワインは、その品質の上昇にまだまだ価格が追いついていない、とてもお買い得なワインだと言えるでしょう。■世界的ワイン評論家 ロバート・パーカー氏の評価パーカーポイントで100点満点中、85点を与えていることからも非常に高い評価であることがうかがえます。また、飲みごろは2016年~2025年と、いまちょうど飲みごろを迎えているにもかかわらずリーズナブルに手に入る、コストパフォーマンスの高いワインです。■多くの改革が実を結び生まれ変わった品質ステファン・デュルノンクールがコンサルタントに入った1999年からは、樽熟成の最初の6ヶ月間は澱引きをせず、澱を樽の中に残したまま熟成を行う“シュール・リー"と、樽の底に溜まっている澱を攪拌させる“バトナージュ"が採用されました。これらの手法を採用することによって、酵母の死骸から旨味成分がワインに溶け出して、ワインがより複雑性を帯び...

スポンサーリンク
スポンサーリンク