メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「大津垣」検索結果。

大津垣の商品検索結果全79件中1~60件目

2017年度産・業務用 丹波篠山 小田垣商店産 丹波大納言小豆【1kg】

アメ横大津屋スパイス・豆の専門店

2,948

2017年度産・業務用 丹波篠山 小田垣商店産 丹波大納言小豆【1kg】

内容量:1000g 原産国:京都 原材料:大納言小豆 形態:袋入り 賞味期限:300日 保存方法:直射日光・高温多湿を避け、冷暗所にて密閉保存下さい。 開封後はどうぞお早めにご使用下さい。 美味しいです。 水浸時間一晩(約8時間) 水は豆の約3倍の量で浸す。 ゆで時間約1時間 圧力鍋を使うと短時間で仕上がります。 軟らかくなったら味付けをして下さい。 餡子(あんこ)・お汁粉・茹で小豆等を作るのに最適です。 和名:アズキ、ショウズ 漢名:小豆、赤小豆 英名/adzuki(azuki)bean,small red bean 性状/ササゲ属(vigna)アズキ亜属 (Ceratotropis)に属する1年生草本。 以前はインゲンマメ属(Phaseolus)やアズキ属(Azuki)に入れられていたことがありました。 蔓無しで直立する品種が多いのですが、蔓性もあります。 花ぱ黄色の蝶形で、ささげのように左右対象でなく、柱頭と雌蕊を包む捻れ竜骨弁を侍つ5弁花です。 莢の長さは6~12cm、中に6~8イ固の種子を特ちます。 種子の長さは、特定の品種群の大納言で7~9mm、その他の普通のあずきで6~7mmくらいです。 種皮色の多くは赤褐色のいわゆるあずき色で、この他、黒、白、緑、茶灰白や斑紋、白地赤斑などもあります。 あずきの親戚には、リョクトウ、ケツルアズキなどがあります。 小豆の表記は漢語で、和名(大和言葉)は「あずき」「あづき」です。 平安時代の「本草和名」では漢字の「赤小豆」を「阿加阿都岐」と表記しています。 あずきの名の由来は、江戸時代の学者、貝原益軒の「大和本草」によれば、 「あ」は「赤色」「つき」及び「ずき」は「溶ける」の意味があり、 赤くて早く柔らかくなるということから「あずき」になったとしています。 他にも、「崖崩れ」...

送料無料
【送料無料】2017年度産・小田垣商店プロデュース!近江黒豆(L玉)【1kg】黒大豆

アメ横大津屋スパイス・豆の専門店

2,041

【送料無料】2017年度産・小田垣商店プロデュース!近江黒豆(L玉)【1kg】黒大豆

近江黒豆は古くから丹波地方で作られていた黒大豆の 種類の中から優良系統の種子選別を繰り返し伝承してきた小田垣商店の黒大豆で 大粒で美味なことが特徴です。 近江地方はその気候風土と生産者気質が手間のかかる黒大豆栽培に適しており 選別種子を使用し、滋賀の生産者によって育て上げられた大粒黒豆を 「近江黒豆」と名づけております。 丹波種と別種になります。 粒先はL玉約10mm玉 煮あがりは黒々と煮あがり、煮やすい豆でございます。 北海道と丹波の間のような感じに 内容量:1000g 原産国:日本滋賀県 原材料:近江黒豆 形態:袋入り 賞味期限:300日 保存方法:直射日光・高温多湿を避け、冷暗所にて密閉保存下さい。 開封後はどうぞお早めにご使用下さい。 黒大豆(乾燥) 600g(約5合) さびた釘(布袋に入れて) 15本位 砂糖 500g 醤油 50g位 塩 小さじ1 味料はお好みにより適当に加減して下さい 黒大豆300gの場合は調味量は半量ですが水は1.5リットル位にします。 1 黒豆を水で洗いざるにとります。 2 厚手の大禍に水2.5忿を入れて強火にかけ、 沸騰したら調味料全部と、さび釘を入れて火をとめ、黒豆を入れてそのまま5時間ぐらい潰けておく。 3 この禍を中火にかけ、沸騰前に火を弱くして泡をとり、 差し水l1デシリトルぐらいをして、もう一度煮たてて、更に同量の差し水をします。 この間泡は全部とって下さい。 4 落しぶたをした禍にふたをして、ふきこばれないようごく弱火で5~6時間位煮ます。 (途中でふたはとらないこと。)煮汁が豆によく含んでからおろします。 煮汁がひたひた位になるのがよろしい。 もし早く煮つまった時は水を足して、又煮つまりが足りない時は更に時間をかけて煮ます。 5 そのまま煮汁につけた状態で一昼夜おいて...

スポンサーリンク
スポンサーリンク