メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「氷見ブリ」検索結果。

氷見ブリの商品検索結果全3件中1~3件目

片口屋:富山湾の恵みを凝縮した、日本初のブリ魚醤「氷見寒ブリ鰤醤×2本」

百選横丁 楽天市場店

2,401

片口屋:富山湾の恵みを凝縮した、日本初のブリ魚醤「氷見寒ブリ鰤醤×2本」

富山湾の恵みを凝縮した、日本初のブリ魚醤 氷見寒ブリ鰤醤 片口屋 日本で初めての商品化となりました鰤の魚醤油「鰤醤」。 旨味成分アミノ酸が多く 穀物醤油並みの塩分 魚醤独特の臭いも軽減されています。 丁寧に搾り取った贅沢な風味は、臭みも少なく様々な料理に最適です。 【魚醤とは?】 魚と塩を一緒に漬け込み、魚の内臓にある消化酵素によって発酵させたものを魚醤といいいます。 石川県では「いしる」、香川県では「いかなご醤油」、秋田県では「しょっつる」という呼び方で親しまれていますが、魚醤になじみのない方も多いと思います。  魚醤を知っている方も独特なにおいがするというイメージが大きいと思います。 【富山県ならではの魚醤!】 「いしる」は主にマイワシやサバを、「しょっつる」は主にハタハタを使用しており、その土地によって使用する魚の種類は異なります。 射水市にある弊社は、富山県を代表する魚、鰤を使った魚醤造りを福井県立大が開発した独自の製法に基づき一年をかけ共同で研究し、2014年12月に鰤醤を発売しました。その特長は、発酵期間が3日間という点です。鰤の消化酵素が最も活性化する温度で保温することで雑菌の繁殖を抑え、低塩分で製造できます。 また臭いの元となる油分を遠心分離機除去し減臭化を実現しています。 ~調理例~ なすのベトナム風サラダ鰤醤ドレッシング、清蒸海上鮮季節の鮮魚の広東風蒸し、 夏野菜たっぷり鰤醤だしのぶっかけ素麺、ぶり大根等、 様々な料理にお使いいただけます。 商品説明 名称 氷見寒ブリ鰤醤 内容量 120cc×2本 原材料 ブリ内臓、塩 賞味期限 1年 保存方法 直射日光を避けて保存 製造元 片口屋 富山県射水市戸破 備考 商品表示責任者 有限会社片口屋天保元年(1830年)創業。初代片口屋安之助は...

こちらの関連商品はいかがですか?

伊予牛「絹の味」ビーフカレー 復刻版

JAタウン

2,900

伊予牛「絹の味」ビーフカレー 復刻版

伊予牛「絹の味」ビーフカレー 復刻版愛媛県内JAの共同購入で人気のあった通称「力(ちから)」カレー。平成21年に製造中止になっていましたが、「あのカレーをまた食べたい!」という思いで復刻版を作りました!伊予牛「絹の味」黒毛和牛を使用し、じっくり煮込んで仕上げたカレーです。丹精込めて育てられた伊予牛「絹の味」黒毛和牛と、まろやかなソースの味わいをご賞味ください。【お召し上がり方】袋のまま熱湯の中に入れ、約3~5分間沸騰させてください。または、電子レンジで温める場合、必ず深めの皿に移し替えてラップをかけて温めてください。(500W約2分)【原材料名】 野菜(玉ねぎ(国産)、人参)、牛肉(愛媛県産)、豚脂、小麦粉、砂糖、トマトペースト、食塩、カレー粉、ビーフエキス(小麦・大豆を含む)、大豆たん白、野菜ペースト(生姜、にんにく)、オニオンパウダー、香辛料、酵母エキス、ガーリックパウダー(大豆を含む)【添加物】調味料(アミノ酸等:小麦由来)、着色料(カラメル、ココア)、乳化剤、増粘剤(加工でん粉)、香料【内容量】180g(1人前)×5袋【賞味期限】 製造日より2年【保存方法】 直射日光を避け涼しいところに保存してください。【ご注文前にご確認ください】※配達日のご指定はできません。※のし対応はできません。☆伊予牛絹の味についてはこちら☆

夏の贈り物 赤城牛ビーフカレー5個入りギフト

JAタウン

2,900

夏の贈り物 赤城牛ビーフカレー5個入りギフト

こちらの商品は「夏の贈り物」用の商品です。6月20日(水)頃より順次発送となりますのでご注意ください。【のし ご希望のお客様へ】のし掛けには対応しておりますが、名入れは承れません。8月8日(水)までのご注文・ご入金(22時まで)いただいた場合は、「お中元」のしで対応させていただきます。8月9日(木)以降のご注文・ご入金いただいた場合は、8月15日(水)以降の発送となり、「残暑見舞い」のしで対応させていただきます。【コンビニ・ATM決済をご利用のお客様へ】8月17日(金)以降にご注文のお客様は、支払期限日に関わらず、8月24日(金)22時までにご入金の手続きをお願いいたします。☆★商品特徴★☆「カレー大賞」(主催:カレー大學)「ご当地レトルトカレーランキング」において全国第三位受賞。口の中で牛肉がほろりと溶けてジュワッと拡がる赤城牛特有の旨みと、こだわりのルーが醸し出す濃厚な味わいをお楽しみください。☆★調理方法★☆袋(レトルトパウチ)の封を切らずにそのまま熱湯の中に入れ約7~8分間沸騰させていただくか、鍋等に移して温めてくださるとより一層おいしくお召し上りいただけます。 原材料名国産牛肉(赤城牛60%使用)、食用油脂(ヘット)、小麦粉、カレーパウダー、砂糖、トマトピューレ、リンゴピューレ、ビーフペースト、デミグラスソース、フルーツチャツネ、香辛料、食塩、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素(原材料の一部に大豆、豚肉を含む)殺菌方法気密性容器に密封し加圧加熱殺菌 規格・内容量 中辛 200g(1人前)×5個入り賞味期限開封前:製造日から730日 開封後:0日保存方法直射日光、高温多湿を避けて下さい。

北本トマトカレー 200g

Amazon

1,063

北本トマトカレー 200g

よこすかカレーフェスティバル2014 全国ご当地カレーグランプリ優勝レシピを再現! 北本トマト ブランドストーリー 埼玉県北足立郡石戸村(現北本市)でトマト栽培が始まったのは、大正14年(1925)です。当初の栽培はトマトの種子をアメリカに輸出する目的で行われ、その後、村で果肉利用が計画される中、昭和2年(1927)「トマトクリーム」が開発されました。 トマトクリームは国産初の無着色ピューレといわれ、そのため各地から視察が相次ぎ、さらに精養軒、千疋屋、帝国ホテルなどの食品部からも高評価を得ました。 生で食べる選果されたトマトの出荷も行われ、「石戸トマト」のラベルが印刷された薄紙に一個ずつ包まれ、収穫期の7月~9月に東京の神田市場で取引がされていました。石戸トマトやトマトクリームは戦争中に生産を中止しましたが、昭和の一時期は全国的な名声がありました。 戦後、トマト生産も再開され、「北本トマト」は北本市のブランド農産物になりました。そんな北本市自慢のトマトを贅沢に使ったご当地グルメが「北本トマトカレー」なのです。2014年には全国ご当地カレーグランプリで優勝し、日本一と評価された「北本トマトカレー」をぜひご家族でご賞味ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク