メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「無形文化財」検索結果。

無形文化財の商品検索結果全946件中1~60件目

送料無料
男性向けキングサイズ無形文化財 結城紬 反物

きもの えぇもん屋

842,400

男性向けキングサイズ無形文化財 結城紬 反物

【種類】 重要無形文化財指定 結城紬 (手紡ぎ糸使用・居座り機) 【生地】 正絹100% 【色・柄】 紺・濃紺・鉄色・グレー・焦げ茶・グリーン・他 、 無地 【サイズ】 キングサイズ 1反 (41cm×12m) 幅広 お客様に合わせて、オーダーメイドでお仕立て致します。 小さいサイズ・大きいサイズも承ります。 【シーン】 フォーマル・カジュアルなシーン両方どうぞ。 【時期】 秋~春 【納期】 注文生産、約3ヶ月 【お仕立て】 寸法が決まってから、約1月で糊抜きから仕立てまで致します。国内熟練和裁師による手縫い仕立は、こちらからどうぞ。 着物代+お仕立て代 = 842,000円(税別本体価格) 【安心 サービス】 お仕立前に実物を一度お送りして、色柄をご確認頂けます。 お仕立て前のキャンセル料は不要です。(時間に余裕を持ってお申し付け下さい) 詳細 お取り寄せの注文生産品は、キャンセルはできません。 【お手入れ】 染み抜きは当店 または 専門店にお申しつけ下さい。 【生産地】 国産品 茨城県 【分類】 【結城紬】【本場結城紬】 男着物 の一覧ページへ 男性向け重要無形文化財指定 結城紬(手紡ぎ糸・居座り機手織り) 日本紬の最高峰 『 重要無形文化財 結城紬 』 の 男性向け無地紬です。 軽くて暖かく しなやかな地風 が特長の紬です。 糸とりから絣括りまで全てを手作業で行い、居座り機で織り上げた逸品中の逸品です。 着物ファン垂涎の的 『 重要無形文化財 結城紬 』 をぜひあなたの手にどうぞ。 国内熟練和裁師さん手縫いの、最高の1着をお届けします。 ◆ 国産最高級の真綿糸(絹100%)で風合いの良い生地です。 ◆ お着物1着分の1反の生地。 羽織も作れる1疋の生地は こちら ◆ 軽くて暖かくしなやかさが特長。 ◆ 手紡ぎ糸を...

送料無料
[重要無形文化財]本場結城紬 兵児帯(へこおび)

蚕の眠り

100,801

[重要無形文化財]本場結城紬 兵児帯(へこおび)

[重要無形文化財]本場結城紬 兵児帯 Shopping Cart 商品番号 pr-06 サイズ 一丈一尺 素材 絹100% 色 紺[重要無形文化財]本場結城紬 兵児帯   無形文化財 本場結城紬 最高級の手つむぎ真綿糸を使い日本でもっとも丁寧な手作業で作り上げられる最高の本場結城紬。 それゆえに大変高価ですが価格に見合った価値がそこにはあります。 1500年もの歴史があり、また紬の原点でもありう絹織物では結城紬だけが重要無形文化財として技術保持の指定を受けました。そこには日本国から優れた技術をなくしたくないという思い意味が込められています。 希少価値の高い結城紬をこの機会にお見逃し無く 織りの最高峰、知恵と工夫、具術の揃った伝統のある織物。 コーディネートを楽しめることもおおきな魅力です。軽く温かくしわになりにくく着れば着るほど体に添います。 結城紬の特徴 結城紬は大変水に強い着物だとご存知ですか? 昭和34年伊勢湾台風で愛知県下が大被害に遭い、ほとんどの着物が廃品同様になった中で、結城紬だけは洗い張りをして汚れを落とすと元の姿に戻ったそうです。 肌に触れ、水に通し、また肌に触れ水を通す。年月を重ねてこそ味が出る本物の品質をご堪能ください。

伝統工芸・小千谷ちぢみの中折れ帽子 トーキョーハット 服飾雑貨 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

16,200

伝統工芸・小千谷ちぢみの中折れ帽子 トーキョーハット 服飾雑貨 【ライトアップショッピングクラブ】

老舗が惚れた“越後の涼美"を特別価格で明治25年創設の老舗帽子ブランド〈トーキョーハット〉。こちらは当社の創業45周年を記念して、同ブランドに特別に製作を依頼した「小千谷ちぢみ」の中折れ帽子です。「小千谷ちぢみ」は新潟県が誇る伝統工芸で、その技術は、昭和30年に国の重要無形文化財第一号に指定され、平成21年にはユネスコ世界無形文化遺産にも登録されています。高級着物にも使われる素材を採用し、贅沢な仕上がりに。素材には経・緯糸ともに高級着物にも用いられる極細100番手単糸のラミー(苧麻)を採用。この糸は日本国内でも数少ない八丁撚糸機を稼働させ、糸を紡ぐ際に水にくぐらせる日本古来の伝統技法「水撚り」を施したものです。この「水撚り」により糸が膨張して強度が増し、シャリ感のある麻に膨らみと格別の柔らかさを持たせています。また毛羽の少ない糸になるため、この糸を使った生地は高い通気性を実現しました。緯糸に強い撚りをかけて生地を織り上げた後は、職人の手で「湯もみ」が行われます。この工程により繊細なシボが生み出され、ようやく味わいある風合いになります。複雑な工程ゆえ一反を仕上げるのに約3、4ヵ月を要するのですが、薬品加工に頼らず江戸時代初期から続く知恵を継承する「小千谷ちぢみ」には、非効率を追求した価値があります。素材の風合いを活かし、極力糊付けをせずに仕立てたこちらの帽子は、クラウンにグログランリボンが巻かれて洒脱な印象。裏地はメッシュ素材を配しているので、被り心地は爽やかです。杉綾模様の織地が映え、ジャケットスタイルにも好相性。前つばを少し下げても様になります。

柳式・和デニム下衣/男女兼用 大峡健市 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

21,600

柳式・和デニム下衣/男女兼用 大峡健市 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

ストレッチ「用の美」を受け継ぐ織り手の技美しく、着やすく、丈夫。ご紹介するのは、女子美術大学学長を務め、日本民藝館理事、文化庁無形文化財専門委員を歴任した故・柳悦孝氏の監修による、「和デニム」の素材を使用した下衣です。柳氏は美しい織物を調査・研究し、沖縄をはじめとする地方の織物文化復興と新たな担い手の発掘・育成にも多大な功績を残した、まさに染織界の巨人。織りを手がけたのは福島県で四代にわたって織物製作にかかわる大峡家の織物職人、大峡健市さんです。当社でもご紹介するたびに好評を博してきた大峡さんですが、2011年に発生した東日本大震災において避難生活を余儀なくされ、数ヵ月間にわたり日本全国を転々としていたといいます。「その間に日本各地の織物の産地を巡り、自分がこれまで磨いてきた技術は間違っていなかったという実感を深めました。福島の自宅に戻ってから、自信を持って仕事に取り組めましたね」震災をきっかけに東北再興に向けたプロジェクトなどに参加するようになり、より多くの人と出会う機会を得たという大峡さん。雑誌などメディアに取り上げられることも増え、いま再び、大峡さんの織物の素晴らしさが全国に広がりつつあります。下衣は柳氏が考案した二重織り組織によって空気層を作り、伸縮性を持たせた肉厚な生地を使用。ベルトの代わりに紐で結ぶタイプになっており、取り外しのできる大きめの外付けポケットが特徴です。軽くて暖かく、耐久性にも優れ、男女問わず着ていただけます。豊かな風合い、上品な表情は"和デニム"ならでは。シワになりにくいので旅先の装いにもお薦めです。

柳式・和デニム上衣/男女兼用 大峡健市 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

19,440

柳式・和デニム上衣/男女兼用 大峡健市 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

ストレッチ「用の美」を受け継ぐ織り手の技美しく、着やすく、丈夫。ご紹介するのは、女子美術大学学長を務め、日本民藝館理事、文化庁無形文化財専門委員を歴任した故・柳悦孝氏の監修による、「和デニム」の素材を使用した上衣です。柳氏は美しい織物を調査・研究し、沖縄をはじめとする地方の織物文化復興と新たな担い手の発掘・育成にも多大な功績を残した、まさに染織界の巨人。織りを手がけたのは福島県で四代にわたって織物製作にかかわる大峡家の織物職人、大峡健市さんです。当社でもご紹介するたびに好評を博してきた大峡さんですが、2011年に発生した東日本大震災において避難生活を余儀なくされ、数ヵ月間にわたり日本全国を転々としていたといます。「その間に日本各地の織物の産地を巡り、自分がこれまで磨いてきた技術は間違っていなかったという実感を深めました。福島の自宅に戻ってから、自信を持って仕事に取り組めましたね」震災をきっかけに東北再興に向けたプロジェクトなどに参加するようになり、より多くの人と出会う機会を得たという大峡さん。雑誌などメディアに取り上げられることも増え、いま再び、大峡さんの織物の素晴らしさが全国に広がりつつあります。こちらの上衣は柳氏が考案した二重織り組織によって空気層を作り、伸縮性を持たせた肉厚な生地を、スタンドカラータイプのシャツに仕立てたもの。「柔らかいので着心地がよく、素肌にそのまま着ても、ジャケットのようにサッと羽織っても決まります」。軽くて暖かく、耐久性にも優れ、男女問わず着ていただけます。豊かな風合い、上品な表情は"和デニム"ならでは。シワになりにくいので旅先の装いにもお薦めです。

小千谷ちぢみジャケット セイ 1927 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

84,240

小千谷ちぢみジャケット セイ 1927 紳士服/婦人服 【ライトアップショッピングクラブ】

目で涼し、着て涼し。シボがもたらす涼感に品格漂う一着で、爽やかに決める新潟県小千谷市周辺で生産される麻織物「小千谷ちぢみ」。国の重要無形文化財であり、日本が世界に誇る伝統的工芸品です。緯糸に強い撚りをかけることで生まれる独特のシボが特徴で、凹凸があるため肌にまとわりつきにくく、実に爽やかな着心地を愉しめます。ご紹介するのは、そんな「小千谷ちぢみ」を贅沢に使った一着です。素材には上質な100番手の麻糸を採用。原糸を染色した後、日本国内でも数少ない八丁撚糸機を使い、糸を紡ぐ際に水にくぐらせる日本古来の伝統技法「水撚り」を施しています。これによりシャリ感のある麻に膨らみと柔らかさを持たせています。また、毛羽の少ない糸に仕上がるため、生地に高い通気性が生まれます。緯糸に強撚をかけて生地を織り上げた後は、職人の手による「湯もみ」作業。この工程により繊細なシボが生まれ、ようやく味わい深い風合いになります。こうして生まれた生地を〈セイ 1927〉が端正なジャケットに仕立てました。肩パッドを排しながらも、芯地を工夫することで美しいシルエットを実現。細かな縞柄が涼を醸し、まるで和装の品格を羽織るかのような贅沢をご堪能いただけます。

無形文化財「五嶋紐」最高級帯締め 冠組(ゆるぎ) 40

きもの好み 和遊館

5,980

無形文化財「五嶋紐」最高級帯締め 冠組(ゆるぎ) 40

無形文化財「五嶋紐」最高級帯締め 冠組(ゆるぎ) 40 ◆新品 ◆正絹 帯締めの最高峰『五嶋紐』をご紹介致します。 糸の染め具合により同じ番号のお品でも、若干お色目が異なる場合がございますので、ご了承くださいませ。 冠組(ゆるぎ)は元来、武家の冠の紐として使われていたもので、厚みと弾力のある柔らかさが特徴でございます。 今は、和服の帯締めとして、糸撚をかけて組み上げ、伸縮性に富む締め心地は他に類を見ない良さがございます。 こちらのお品は、黒緑色系のシックなお色目で組まれております。 創業者の故「五嶋敏太郎」氏は、「組みの技術というものは30年でやっと手が枯れて、柔らかく、美しい紐が組めるようになる」と語ったそうでございます。糸質・色・組みの工程すべてに妥協を許さない五嶋紐は、堅すぎず軟らかすぎず、絶妙なバランスで和装を仕上げます。 ■創始者:無形文化財「五嶋 敏太郎」略歴■ 明治12年 東京日本橋に生誕 12歳で帯締め・羽織紐の製造問屋粟田商店に入店 21歳で支配人に就任し、59歳で独立するまで40年余にわたり、帯締め・羽織紐の創作やデザインに心血を注ぐ 独立後も新しい組み方の考案や、明治末期から昭和にかけての技術指導者として努力を続ける 昭和35年3月『無形文化財』の指定を受ける 昭和38年2月 それまで自ら考案した作品すべてを集録し全9巻にまとめた『組糸集鑑』を文化庁に納める 昭和38年11月 黄綬褒章 受章 昭和42年4月 勲五等瑞宝賞を授与される 昭和48年 95歳にて死去 太すぎないものが普段向きで、礼装用には色糸と金の糸を使って組まれたものを用います。 締めやすさに定評のある『五嶋紐』 でさりげないお洒落をお楽しみくださいませ。

無形文化財「五嶋紐」最高級帯締め

きもの好み 和遊館

5,980

無形文化財「五嶋紐」最高級帯締め

無形文化財「五嶋紐」最高級帯締め ◆新品 ◆正絹 帯締めの最高峰『五嶋紐』をご紹介致します。 こちらのお品は、極薄い灰桜色系のお色目で組まれており上前側は薄藤色系のグラデーションになっております。やや太めで肉厚な印象でございます。全体には、大和組のような斜め地柄が組まれており、さりげなく金糸も使用されております。付下げ・訪問着などに向いております。シンプルなデザインとなっており合わせやすい帯締めとなっております。 創業者の故「五嶋敏太郎」氏は、「組みの技術というものは30年でやっと手が枯れて、柔らかく、美しい紐が組めるようになる」と語ったそうでございます。糸質・色・組みの工程すべてに妥協を許さない五嶋紐は、堅すぎず軟らかすぎず、絶妙なバランスで和装を仕上げます。 ■創始者:無形文化財「五嶋 敏太郎」略歴■ 明治12年 東京日本橋に生誕 12歳で帯締め・羽織紐の製造問屋粟田商店に入店 21歳で支配人に就任し、59歳で独立するまで40年余にわたり、帯締め・羽織紐の創作やデザインに心血を注ぐ 独立後も新しい組み方の考案や、明治末期から昭和にかけての技術指導者として努力を続ける 昭和35年3月『無形文化財』の指定を受ける 昭和38年2月 それまで自ら考案した作品すべてを集録し全9巻にまとめた『組糸集鑑』を文化庁に納める 昭和38年11月 黄綬褒章 受章 昭和42年4月 勲五等瑞宝賞を授与される 昭和48年 95歳にて死去 太すぎないものが普段向きで、略礼装や礼装用には色糸と金の糸を使って組まれたものを用います。 締めやすさに定評のある『五嶋紐』 でさりげないお洒落をお楽しみくださいませ。

重要無形文化財 昔話模様着物人間国宝 小宮康孝作 三越扱【お仕立替済】

銀座かわの屋

205,200

重要無形文化財 昔話模様着物人間国宝 小宮康孝作 三越扱【お仕立替済】

身丈 164cm/4尺3寸2分 衽巾 cm/ 寸 分 裄丈 66.5cm/1尺7寸5分 褄下 cm/ 尺 寸 分 袖丈 48.5cm/1尺2寸8分 袖巾 cm/ 寸 分 前巾 24cm/6寸3分 肩巾 cm/ 寸 分 後巾 30cm/7寸9分 詳細 お仕立替済 付属品 反端 寸法・採寸についての詳細はこちら お仕立て替えや一部寸法直し等も当店にて承っております。 お電話・メールにてお気軽にご相談ください。重要無形文化財「江戸小紋」保持者・小宮康孝さん作の江戸小紋のお着物です。 江戸時代に各大名家に定められた武士の礼装用裃の図案に発祥とすると言われる江戸小紋ですが、一般の人たちの間では色々なエピソードにちなんだ楽しい図案にアレンジされた「謂れ小紋」というものが流行しました。 その日本独特の小紋文化は、長い歴史を経て現在まで連綿と伝えられ、愛され続けています。 それは静かで精密な模様の中に盛り込まれた季節のメッセージであったり、物語であったり、またその幾何学模様の描く楽しさであったり、色々な要素があります。 また実際に身に纏う時の品格のある美しさがなんといってもその人気の理由だと思います。 こちらの作品は「猿蟹合戦」「桃太郎」「舌切り雀」などの物語が栗と臼、桃の実、鋏の小さな模様で表され可愛く染められています。 江戸小紋は遠目にはニュアンスのある上品な無地のお着物に見え、近づくと「あら素敵!江戸小紋だったのね」とわかる事で、色もはじめに目にする時の印象とは違って見えます。 さらに近づくとその模様がこんなにも可愛いものだとわかり、ご一緒にいる方にも微笑みが生まれそうです。 こんなに小さな模様の集合なのに、「謂れ小紋」はとても楽しく見る事ができます。 無地やほかの小紋のお着物では取り入れにくい色に挑戦で...

重要無形文化財江戸小紋 橘文着物人間国宝 小宮康孝作【お仕立上り】

銀座かわの屋

280,800

重要無形文化財江戸小紋 橘文着物人間国宝 小宮康孝作【お仕立上り】

身丈 169.5cm/4尺4寸6分 衽巾 cm/ 寸 分 裄丈 68cm/1尺7寸9分 褄下 cm/ 尺 寸 分 袖丈 49cm/1尺2寸9分 袖巾 cm/ 寸 分 前巾 25cm/6寸6分 肩巾 cm/ 寸 分 後巾 30cm/7寸9分 詳細 お仕立上り 付属品 反端 寸法・採寸についての詳細はこちら お仕立て替えや一部寸法直し等も当店にて承っております。 お電話・メールにてお気軽にご相談ください。重要無形文化財「江戸小紋」保持者・小宮康孝作。 同じく人間国宝であったお父様・小宮康助氏に師事し、長きに渡り江戸小紋の世界でご活躍され、常に新しい事にも挑戦されながら、広く人々に江戸小紋の魅力を伝え続け、根強いファンに支持されている人間国宝・小宮康孝氏の作品です。 色にもオリジナリティを出すためにご苦労された小宮氏ならではの、明るさの中に伝統的な落ち着きのある葡萄色の地に、小さな橘の花がびっしりと染め抜かれています。 こちらはお仕立てをされないまま保管されていたものが手に入りましたので、当店でお手入れをして国内でお仕立てをいたしました。 少し離れて見ますと、橘の花の上の部分が松の模様にも見え、江戸小紋ならではの 面白さが感じられます。 お召しいただける範囲の広さや、年齢層の幅広さからも人気の高い江戸小紋。 その中でも小宮氏作品は独特の個性が感じられ、出合うたびに新しい発見があります。 またこの澄んだ色はどうやって表現されているのかと不思議に思えます。 とても綺麗で、お着物ならではの華やかさが感じられる素晴らしい逸品です。 お仕立て上がり。

【あす楽】無形文化財 五嶋紐 江戸組紐 帯締め お洒落用に coj7721

あすかや

5,980

【あす楽】無形文化財 五嶋紐 江戸組紐 帯締め お洒落用に coj7721

◆新品 正絹 ◆無形文化財【五嶋紐】五嶋敏太郎翁 ◆サイズ M寸 巾約1.6cm ◆地色 乳白×瓶覗色(ホワイト×ペール グリーニッシュ スカイ)系 ◆お洒落用に 五嶋紐は美しい仕上がりと締めやすさで定評のある帯締めの名品でございます。 五嶋紐は、その作り手のこだわりによって、究極の域にまで達したお品で、素材、染色、組技術とも最高を極めたものでございます。 堅すぎず、かといって柔らかすぎる事も無いこの絶妙のしなやかさこそ、丁寧に作り上げる五嶋紐の最大の特長でございます。 良さを知る方々に、たいへん人気がございます。 創業者の故、五嶋敏太郎は「組みの技術というものは30年でやっと手が枯れて、柔らかく、美しい紐が組めるようになる」と語ったそうでございます。 お色と組の技による洒落た模様が、着物姿を最高に引き立てます。 小紋や紬など、お洒落を楽しんでいただくお着物に最適ですね。 是非素敵な装いの締めくくりとして、お求め下さいませ。 きっと心からご満足いただけるはずです。 センスの良い御進物としても好適でございますよ。 ■適応着物種■ 小紋、紬 ■適応シーン■ パーティー、お茶会、あつまり、同窓会、デート、ショッピング ■適応シーズン■ 1月~5月、10月~12月 ■適応年代■ 20代~70代くらいまでの方に※↑の写真をクリックすると拡大します。

送料無料
結城紬 正絹 着物 きもの 藍 八十亀甲 真綿 無形文化財 和装 リサイクル【中古】

【宝箱】株式会社パーパス

73,800

結城紬 正絹 着物 きもの 藍 八十亀甲 真綿 無形文化財 和装 リサイクル【中古】

商品概要本結城の検査組合に加盟しておりますのは、たったの11軒。信頼のブランドを支える糸づくりは、蚕の繭からつくられた袋真綿を「つくし」と呼ばれる台にからませ、この一端より職人が指先の魔術で糸を引き出します。右手の指で内側へ糸を捻り、さらに左手で捻り戻しをいたしますので、糸自体は平糸になって撚りがかかっておりません。これが着れば着るほど風合いの良くなる結城紬の秘密です。証紙がないのが残念ですが、素敵な逸品です。商品詳細管理番号90016655/K017商品ランク外側:9点 内側:8.5点(下記の状態ランク表をご覧ください)商品名結城紬素材正絹サイズ身丈:約153cm(4尺5分)袖丈:約49cm(1尺3寸)裄:約64cm(1尺6寸9分)前幅:約23.5cm後幅:約28.5cm手計測になりますので若干の誤差はご了承ください >>お仕立て・お直し料金表はコチラ >>サイズ目安表はコチラ 色表:藍色×黒色裏:八掛(藍色)仕立て仕立て上がり袷衿:広衿商品詳細若干のニオイ袋の香り。裏:胴裏腰部分に若干の締めしわ。全体には保存状態も良く、末永くお召し頂ける逸品です。※長期保管、店頭での展示販売もしておりますので、折りシワ等のある商品もございます。何卒ご了承の上、ご検討くださいませ。着用シーンお食事会 遊び着 街着 趣味 観劇 パーティー参考定価-画像では伝わりにくい色、お客様のパソコンの設定、モニターによっては色の違いが生じることがあります。信頼の[★4.5]以上!当店へ寄せられたお客様の声はこちら 着物館TOPページへ結城紬 正絹 着物 きもの 藍 八十亀甲 真綿 無形文化財 和装 リサイクル【中古】和服

【あす楽】無形文化財 五嶋紐 江戸組紐 金糸入り 帯締め coj7728

あすかや

5,980

【あす楽】無形文化財 五嶋紐 江戸組紐 金糸入り 帯締め coj7728

◆新品 正絹 ◆無形文化財【五嶋紐】五嶋敏太郎翁 ◆サイズ M寸 巾約1.7cm ◆地色 乳白(ホワイト)色系 五嶋紐は美しい仕上がりと締めやすさで定評のある帯締めの名品でございます。 五嶋紐は、その作り手のこだわりによって、究極の域にまで達したお品で、素材、染色、組技術とも最高を極めたものでございます。堅すぎず、かといって柔らかすぎる事も無いこの絶妙のしなやかさこそ、丁寧に作り上げる五嶋紐の最大の特長でございます。 良さを知る方々に、たいへん人気がございます。 創業者の故、五嶋敏太郎は「組みの技術というものは30年でやっと手が枯れて、柔らかく、美しい紐が組めるようになる」と語ったそうでございます。 上品なお色と組の技が、着物姿を最高に引き立てます。 訪問着や色無地から小紋までお使いいただけます。 是非素敵な装いの締めくくりとして、お求め下さいませ。 きっと心からご満足いただけるはずです。 センスの良い御進物としても好適でございますよ。 ■適応着物種■ 訪問着、付け下げ、色無地一つ紋、小紋 ■適応シーン■ 結婚式、結婚式二次会、入園、入学式、卒園、卒業式、パーティー、お茶会、あつまり、同窓会、デート、 ショッピング ■適応シーズン■ 1月~5月、10月~12月 ■適応年代■ 20代前半から70代以上の方にどうぞ。 ■創始者:無形文化財「五嶋 敏太郎」略歴■ 明治12年 東京日本橋に生誕 12歳で帯締め・羽織紐の製造問屋粟田商店に入店 21歳で支配人に就任し、59歳で独立するまで40年余にわたり、帯締め・羽織紐の創作やデザインに心血を注ぐ 独立後も新しい組み方の考案や、明治末期から昭和にかけての技術指導者として努力を続け、昭和35年3月『無形文化財』の指定を受ける 昭和38年2月 それまで自ら考案した作品すべてを集録し全9巻にまとめた...

【あす楽】単衣用 無形文化財 五嶋紐 帯締め レース糸使用 銀糸入り coj7573

あすかや

5,980

【あす楽】単衣用 無形文化財 五嶋紐 帯締め レース糸使用 銀糸入り coj7573

◆新品 正絹(金属糸使用) 日本製 ◆無形文化財【五嶋紐】五嶋敏太郎翁 ◆サイズ M寸 巾約 1.1cm ◆地色 淡水色(ペール グリーニッシュ スカイ)系 ◆セミフォーマルにもどうぞ 美しい仕上がりと締めやすさで定評のある五嶋紐の帯締めでございます。 レース糸を使用した組みの表情が美しく、組み込まれた銀糸がキラキラと輝き、涼しげです。 五嶋紐は、その作り手のこだわりによって、究極の域にまで達したお品で、素材、染色、組技術とも最高を極めたものでございます。 堅すぎず、かといって柔らかすぎる事も無いこの絶妙のしなやかさこそ、丁寧に作り上げる五嶋紐の最大の特長でございます。 良さを知る方々に、たいへん人気がございます。 創業者の故、五嶋敏太郎は「組みの技術というものは30年でやっと手が枯れて、柔らかく、美しい紐が組めるようになる」と語ったそうでございます。 プレゼントにもどうぞ。 ■適応着物種■ 訪問着、付け下げ、色無地、小紋 ■適応シーン■ 結婚式二次会、パーティー、お茶会、あつまり、同窓会 ■適応シーズン■ 6月、9月 ■適応年代■ 20代前半から70代以上の方にどうぞ。 ■創始者:無形文化財「五嶋 敏太郎」略歴■ 明治12年 東京日本橋に生誕 12歳で帯締め・羽織紐の製造問屋粟田商店に入店 21歳で支配人に就任し、59歳で独立するまで40年余にわたり、帯締め・羽織紐の創作やデザインに心血を注ぐ 独立後も新しい組み方の考案や、明治末期から昭和にかけての技術指導者として努力を続け、昭和35年3月『無形文化財』の指定を受ける 昭和38年2月 それまで自ら考案した作品すべてを集録し全9巻にまとめた『組糸集鑑』を文化庁に納める 昭和38年11月 黄綬褒章 受章 昭和42年4月 勲五等瑞宝賞を授与される 昭和48年 95歳にて死去※...

スポンサーリンク
スポンサーリンク