メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「お食い初め」検索結果。

お食い初めの商品検索結果全3,791件中1~60件目

送料無料
【お食い初めセット】600g(2人前用)【送料無料】【お食い初め】【祝い鯛】お食い初め・お食い初めレシピ・献立祝い事にはかかせない明石産天然鯛を始め、5点セットにしました♪お食い初め、七五三、節句祝...

仕出し米長

9,342

送料無料

【お食い初めセット】600g(2人前用)【送料無料】【お食い初め】【祝い鯛】お食い初め・お食い初めレシピ・献立祝い事にはかかせない明石産天然鯛を始め、5点セットにしました♪お食い初め、七五三、節句祝...

詳しくは、こちらから→ギフト対応 ▲尚、北海道・北東北・沖縄・長崎/鹿児島(一部)・離島は、別途送料600円頂きます。 商品詳細 商品名 お食い初めセット(御祝セット)【600g焼き鯛付き】【2人前用】 原材料 明石産天然たい、赤穂の塩、タコ、北海道産利尻産昆布、愛媛県産タイ、韓国産蛤、マグロ、エビ、たこ、焼き穴子、イクラ、キングサーモン、錦糸卵、おぼろ、生姜、調味料(片栗粉、たらのすり身、塩、砂糖、酒、米、酢、生姜、昆布、レモン、味醂、醤油、水あめ、ハチミツ) 賞味期限 製造日(発送日)より3日間 ※商品到着に2日以上かかる地域への発送は出来ません。商品到着後は出来るだけお早めにお召しあがり下さい。 内容量 焼きタイ 生の状態で約600g(内臓を取り出し、焼くと目減りしますので約500g前後になります)/タコ足 約100g/鯛昆布〆 約100g(7〜8切れ)/蛤 約150g(4〜6個)/海鮮ちらし寿司 約2人前(2個)※約2人前 お召し上がり方 簡単な食べ方、調理方法は、説明書をお付けいたしますので、ご安心下さい。 ご注意 詳細は、各種ページにてご覧下さい。※ちらし寿司におぼろ・エビを使用してますのでご注意下さい。 お届け・送料等 送料 料金表⇒こちら お届け方法 冷蔵便(ヤマト運輸) 配達日・時間指定 発送日は4日後以降からのご指定でお願いします。※当店からのメールで到着日をご確認下さい。時間指定については、地域によりご指定時間に配達出来ない場合があります。(注文後メールにてお知らせいたします)ページ下部の発送目安表をご覧下さい。 ◆焼き鯛 1・0kgサイズ→こちら ◆焼き鯛 1・5kgサイズ→こちら ◆焼き鯛 2.0kgサイズ→こちら ◆焼き鯛 特大2.5kgサイズ→こちら こんな用途にもオススメです。(検索キーワード) ...

お食い初めセット 男の子用

トイザらス・ベビーザらス

5,398

お食い初めセット 男の子用

「お食い初め」は赤ちゃんに初めてご飯を食べさせる行事で、生後100日目か120日目に行う伝統行事です。赤ちゃんが食べるものに不自由しないようにという願いをこめ、また離乳する赤ちゃんの成長を願う儀式です。古来の風習では総本朱がおとこのこ用で、黒内朱がおんなのこ用として扱われておりますが、現代においては、総本朱が男女兼用として扱われるケースも増えてきております。お食い初めは箸ぞろえ、煮初めなどともいわれて、赤ちゃんに初めてご飯を食べされる行事で、生後100日目か120日目にします。この子が一生食べるものに不自由しないように、という願いを込めた儀式です。小さなご飯茶碗、お椀、箸などのすべて新しいもの一式をお膳にならべ、赤飯に尾頭付きの鯛という献立を用意します。赤ちゃんには食べされるまねをするのですが、その役目を近親者の中で長寿の人にお願いします。たとえばプリンやジュースなどを用意し、それを食べさせるのもよいでしょう。 セット内容 お膳、親碗(お赤飯やご飯など)、平碗(煮物用)、壷枕(そば、その他)、吸物椀(お汁など)、高杯(おしんこ、小エビなど)、箸 主な素材 ・合成漆器・表面塗装の種類:ウレタン塗装・素地の種類:ナイロン サイズ H7.2×W23×D23cm 商品重量 560g※お支払い方法はクレジットカード、代引きからお選びいただけます。※ご注文確定後の注文内容の変更、キャンセルはお受けしておりません。※対象年齢がある商品については目安となっております。※実際の商品と画像は若干異なる場合がございます。トミー

お食い初め食器セット赤 │男の子 朱色のお祝い膳│歯固めの石・お食い初め解説書付

Amazon

6,804

お食い初め食器セット赤 │男の子 朱色のお祝い膳│歯固めの石・お食い初め解説書付

「お食い初め」または「食い初めの祝い」は、 赤ちゃんに生まれてはじめてご飯を食べさせる儀式で、 赤ちゃんが一生食べ物に困らないようにという願いがこめられた内祝。 生後百日目を目安に、赤ちゃんの発育を考慮して、 離乳期に合わせて行なうのが一般的です。 「百日の祝い(ももかのいわい)」や歯の生え始める頃なので 「歯がため」「箸ぞろえ」「箸始め」とも言われます。 双方の両親を自宅に招き、赤ちゃんが大人と同じようなものを食べて 産神様に祈願とお祝いをします。 お食い初めのしかたは、一番長寿の祖父祖母が 膝に赤ちゃんを抱き食べる真似をさせるというものです。 お膳には塗りの器を用意します。 正式には、母方の実家から祝い膳が贈られ、 それを使うのがしきたりです。 茶碗、お椀、箸などはすべて新しいものが使われるのが正式です。 食器は高足の御膳で色も赤ちゃんの性別で異なり、 男児は内外ともに朱色で 女児は黒色で内側が赤色のものを用意します。 本膳料理は一汁三采で、お赤飯とお吸い物に、鯛、 それに煮物、香の物が添えられます。 鯛はめでたいときに使われる魚です。 これに昆布、勝栗など縁起のよいものが使われます。 また、丈夫な歯が育つようににと、 紅白の餅、小石、梅干などが添えられることもあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク