メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「カップソーサーペア」検索結果。

カップソーサーペアの商品検索結果全370件中1~60件目

送料無料
MIKIMOTO ミキモトインターナショナル ペアマグカップ

Amazon

12,960

MIKIMOTO ミキモトインターナショナル ペアマグカップ

MIKIMOTO History 1893年、創業者 御木本幸吉は、世界で初めて真珠の養殖に成功しました。 この偉業によって、それまで偶然の産物でしかなかった真珠は世界のすみずみにまで、その美しさを広めることになったのです。 以来、ミキモトは「世界中の女性を真珠で飾りたい」と願い続けた御木本幸吉の思いを受け継ぎ、一世紀以上の歳月を美のために捧げています。 世界で初めて真珠の養殖に成功 ミキモト創業者の御木本幸吉は1858年(安政5年)1月25日、志摩国鳥羽町に誕生しました。故郷・伊勢志摩の海で天然真珠を採るために乱獲され減少していたアコヤ貝の保護と増殖、さらに真珠の養殖を決意し、相次ぐ赤潮の被害や資金難を乗り越え、1893年(明治26年)7月11日に鳥羽の相島(おじま、現:ミキモト真珠島)にて、世界で初めて半円真珠の養殖に成功しました。 それまでの真珠は、天然の真珠母貝から採取されるケシと呼ばれる真珠が大部分であり、採取も不確かなものでしたが、幸吉は母貝であるアコヤ貝そのものの養殖から始め、人為的に真珠をつくり出せるようにしたのです。 その後、1905年(明治38年)には真円真珠の養殖に成功し、黒蝶真珠や白蝶真珠の養殖にも取り組みました。 ミキモトパールの名は世界へ 1899年(明治32年)には、銀座に日本で初めての真珠専門店「御木本真珠店」を開設し、日本における近代宝飾産業の礎を築きました。幸吉は早くから海外にも目を向け、真珠の魅力を多くの人々に伝えるために、1893年(明治26年)のシカゴでのコロンブス万国博覧会をはじめ、世界各国で開かれる博覧会へ養殖真珠を使った工芸品などを出品しました。また、1913年(大正2年)のロンドン支店開設を皮切りにニューヨーク、パリなど国際的に事業を展開。世界中にミキモトパールを供給し...

送料無料
クリスチャンディオール ペアカップ&ソーサー

Amazon

32,400

クリスチャンディオール ペアカップ&ソーサー

クリスチャンディオール 1946年12月8日に、マルセル・ブサック(綿のファブリック王)の後援をもとに、ディオールは自身のクチュールメゾンをパリ、アヴェニュー・モンテーニュ30番地に立ち上げます。 翌1947年2月12日に最初のコレクションを発表します。 当初このコレクションには『コロール』Corolle (「花冠」を意味する植物学由来の言葉)の名前が付けられていましたが、『ハーパース・バザー』誌の編集長であったカーメル・スノウがこのコレクションを評した『ニュールック』New Look というフレーズで知られています。 これはアラビア数字の8にも似た、細く絞ったウェストとゆったりしたフレアスカートを特徴とするもので、戦時中の資材不足によりフランスのクチュリエたちが1着の服に使える布の面積に厳しい制限を抱えていたのに対し、贅沢に布を使用した点にも特徴を持っていました。 このディオールの「ニューライン」はまた、第二次世界大戦中に生地が配給制であったために主流であったボックス型(The boxy)よりも女性的であると評されました。 ディオールの「ニュールック」は女性の服装に革命を起こし、また、第二次世界大戦後のパリを再度ファッションの中心地として復興させ、 戦後のファッションの指針を示したディオールは47年から57年までの11年間、パリのオートクチュール界の頂点に君臨します。 彼は毎シーズン、ラインというテーマに沿って作品を発表していました。

送料無料
ロイヤルコペンハーゲン フルーテッドメガ ペアマグカップ

Amazon

19,440

ロイヤルコペンハーゲン フルーテッドメガ ペアマグカップ

北欧を代表する老舗ブランドロイヤルコペンハーゲンは、1775年にデンマーク王室の庇護を受けて創設されました。 製品の美しい絵柄、品質の高さ、そして優れた職人技術は世界的に有名です。 現在でもデンマークの王室では、ロイヤルコペンハーゲンの器を使用しています。 ロイヤルコペンハーゲン商品に印されたバッグスタンプの絵には、とても深い意味があります。 クラウン(王冠)の下の3本の波線は、デンマークの国の周りを囲む主な海峡を表現しています。 絵付けはすべて手描きで、製品の裏側にはロイヤルコペンハーゲンのマークと、アーティストのサイン、シェーブナンパーが入れられています。 ブルーフルーテッドのパターンは、誰からも愛され、世代を超えて人々を魅了してきました。 新しいミレニアムが始まる年に、デザインスクールの学生だったカレン キエルガード ラーセンが新しいブルーフルーテッドの提案を持ってロイヤル コペンハーゲンを訪ねました。 それは、伝統的なパターンの一部を大胆に拡大したデザインでした。 ブルーフルーテッドを心から愛し、同時に現代的なデザインに生まれ変わらせた結果、ブルーフルーテッド メガが誕生しました。 プレートの裏側に施される王冠と三本の波を模ったロイヤル コペンハーゲンのロゴも拡大され、デザインにさらにユーモアが加えられました。 2010年ブルーフルーテッド メガは10周年を迎えロイヤル コペンハーゲンの新たなアイコンとなりました。

送料無料
香蘭社 静蘭 ペア コーヒーカップ ソーサー

Amazon

5,400

香蘭社 静蘭 ペア コーヒーカップ ソーサー

●香蘭社製。香蘭社は、今からおよそ三百年前、江戸文化が華麗に花開いた元禄の頃、初代深川栄左ヱ門が肥前有田で『香蘭社』の前身となる磁器の製造を始めた。そして日本に近代化をもたらした明治維新の激動期、有田焼は佐賀鍋島藩の一切の保護と支援を失った。その再興に指導的役割を果たしたのが、八代深川栄左ヱ門だった。強い自立の精神が、当時の選りすぐりの陶工や絵付師、それに陶商達を一つにまとめ結社を作った。これが『香蘭社』。時に明治八年。その後、相次いで世界各国で行われた万国博で数々の名誉金牌を受賞。海外でもその評価を高めるとともに、明治二十九年には宮内省御用達の栄にも浴し今日に及んでいる。『香蘭社』の製品は、有田磁器独特の白く硬い透明な生地の上に、優雅な染付と華麗な赤絵を配した典雅な文様、十八世紀フランスのセーブルを中心に、ヨーロッパで愛好された金銀彩のルリ釉もの、さらに目にやさしく心がなごむグリーンシリーズ製品など多彩を極めている。『香蘭社』の製品は、すべて伝統を誇る有田色絵磁器の多様な文様を集大成し、有田の伝統様式を一歩前進させたとして評価され、世に「香蘭社スタイル」とも「香蘭社調」とも呼ばれ、広く親しまれている ■優しい色合いの蘭のデザインのペア碗皿です。蘭の余白の一部を染付の濃で埋めてあり、バランスの良いデザインになっています。気取らない使いやすさで、お客様のおもてなしにはもちろん、毎日のお茶の時間にもお使い頂けます。

送料無料
リチャードジノリ ピスタチオ ペアマグカップ riginori-24

Amazon

21,168

リチャードジノリ ピスタチオ ペアマグカップ riginori-24

リチャードジノリ 1735年にトスカーナ大公国のカルロ・ジノリ侯爵 (it:Carlo Ginori) が自領であるドッチア(フィレンツェ県、セスト・フィオレンティーノの一部)に磁器窯を開き創業しました。 当時マヨリカ陶器全盛のイタリアにおいて、マイセンやウィーン窯に対抗すべく、鉱物学に造詣が深かったジノリ侯爵は自ら原料土を捜したり、ペーストの生成や発色等の磁器の研究を行い、イタリア初の白磁を完成させました。 開窯当初はマイセンのような豪華で精緻な芸術作品に力が注がれていました。 1896年ミラノのリチャード製陶社と合併して、現在のリチャードジノリとなります。 1956年ラヴェーノのイタリア陶磁器会社と合併し、イタリア最大の陶磁器メーカーとなりました。 ジノリ最古の代表作である「ベッキオホワイト」は不変の定番として親しまれています。 1760年頃にトスカーナのとある貴族の為に造られた「イタリアンフルーツ」は現在でも新鮮さに満ちあふれ、不朽の名作として愛され続けています。 また「オリエントエクスプレス」はオリエント急行の車内で使用されている食器で、ブルーの車体と同じ色のデザインに「VSOE」のエンブレムがアレンジされています。 グッチ傘下へ 近年は多額の負債に加え金融危機で経営難に陥っており、2012年7月には陶磁器の製造を中止 2013年1月7日、イタリアのフィレンツェ裁判所は、リチャードジノリに対して破産宣告を行い身売り交渉を進めている最中でした。 2013年4月5日、グッチがリチャードジノリに対して、1300万ユーロ(約16億円)で買収を提案したと報道されました。 2013年4月29日、買収が承認され、現在はグッチの子会社GRG S.r.l.(グッチリチャードジノリ)となっております。 代表作には...

送料無料
ミキモト インターナショナル ペアカップ&ソーサー mikimoto-06

Amazon

10,800

ミキモト インターナショナル ペアカップ&ソーサー mikimoto-06

MIKIMOTO History 1893年、創業者 御木本幸吉は、世界で初めて真珠の養殖に成功しました。 この偉業によって、それまで偶然の産物でしかなかった真珠は世界のすみずみにまで、その美しさを広めることになったのです。 以来、ミキモトは「世界中の女性を真珠で飾りたい」と願い続けた御木本幸吉の思いを受け継ぎ、一世紀以上の歳月を美のために捧げています。 世界で初めて真珠の養殖に成功 ミキモト創業者の御木本幸吉は1858年(安政5年)1月25日、志摩国鳥羽町に誕生しました。故郷・伊勢志摩の海で天然真珠を採るために乱獲され減少していたアコヤ貝の保護と増殖、さらに真珠の養殖を決意し、相次ぐ赤潮の被害や資金難を乗り越え、1893年(明治26年)7月11日に鳥羽の相島(おじま、現:ミキモト真珠島)にて、世界で初めて半円真珠の養殖に成功しました。 それまでの真珠は、天然の真珠母貝から採取されるケシと呼ばれる真珠が大部分であり、採取も不確かなものでしたが、幸吉は母貝であるアコヤ貝そのものの養殖から始め、人為的に真珠をつくり出せるようにしたのです。 その後、1905年(明治38年)には真円真珠の養殖に成功し、黒蝶真珠や白蝶真珠の養殖にも取り組みました。 ミキモトパールの名は世界へ 1899年(明治32年)には、銀座に日本で初めての真珠専門店「御木本真珠店」を開設し、日本における近代宝飾産業の礎を築きました。幸吉は早くから海外にも目を向け、真珠の魅力を多くの人々に伝えるために、1893年(明治26年)のシカゴでのコロンブス万国博覧会をはじめ、世界各国で開かれる博覧会へ養殖真珠を使った工芸品などを出品しました。また、1913年(大正2年)のロンドン支店開設を皮切りにニューヨーク、パリなど国際的に事業を展開。世界中にミキモトパールを供給し...

送料無料
リチャードジノリ アンティコチェリー エスプレッソデミタスカップ&ソーサーペア

Amazon

25,920

リチャードジノリ アンティコチェリー エスプレッソデミタスカップ&ソーサーペア

リチャードジノリ 1735年にトスカーナ大公国のカルロ・ジノリ侯爵 (it:Carlo Ginori) が自領であるドッチア(フィレンツェ県、セスト・フィオレンティーノの一部)に磁器窯を開き創業しました。 当時マヨリカ陶器全盛のイタリアにおいて、マイセンやウィーン窯に対抗すべく、鉱物学に造詣が深かったジノリ侯爵は自ら原料土を捜したり、ペーストの生成や発色等の磁器の研究を行い、イタリア初の白磁を完成させました。 開窯当初はマイセンのような豪華で精緻な芸術作品に力が注がれていました。 1896年ミラノのリチャード製陶社と合併して、現在のリチャードジノリとなります。 1956年ラヴェーノのイタリア陶磁器会社と合併し、イタリア最大の陶磁器メーカーとなりました。 ジノリ最古の代表作である「ベッキオホワイト」は不変の定番として親しまれています。 1760年頃にトスカーナのとある貴族の為に造られた「イタリアンフルーツ」は現在でも新鮮さに満ちあふれ、不朽の名作として愛され続けています。 また「オリエントエクスプレス」はオリエント急行の車内で使用されている食器で、ブルーの車体と同じ色のデザインに「VSOE」のエンブレムがアレンジされています。 グッチ傘下へ 近年は多額の負債に加え金融危機で経営難に陥っており、2012年7月には陶磁器の製造を中止 2013年1月7日、イタリアのフィレンツェ裁判所は、リチャードジノリに対して破産宣告を行い身売り交渉を進めている最中でした。 2013年4月5日、グッチがリチャードジノリに対して、1300万ユーロ(約16億円)で買収を提案したと報道されました。 2013年4月29日、買収が承認され、現在はグッチの子会社GRG S.r.l.(グッチリチャードジノリ)となっております。 代表作には...

送料無料
ARABIAアラビア パラティッシ ブラック ティーカップ&ソーサーペア

Amazon

43,200

ARABIAアラビア パラティッシ ブラック ティーカップ&ソーサーペア

北欧フィンランドの大自然で育まれたARABIAは、1873年にロールストランド窯の製陶所として創業しました。1945年にカイ・フランクを主任デザイナーに迎えキルタ(ティーマ)を発表したことで、世界的に脚光を集めます。 デザイン性・芸術性に優れながらも使い勝手に配慮した実用的な陶器であることがARABIAの特徴で、丸みのあるシェイプ、どっしりとした感触からは心地よい温もりがつたわります。 ARABIAではシンプルで多用途につかえる作品だけでなく、ストーリー性がある華やかでアーティスティックな作品も手がけており、オリジナリティー豊かな製品を取りそろえているのもARABIAならではの魅力です。 パラティッシシリーズ フィンランド語で「楽園」を意味します。 食器いっぱいに大胆に描かれたフルーツや草花の絵柄がとても印象的なので、名前は知らなくても見覚えのあるかたは多いのではないでしょうか。 1969年の発売当時はイエローのみでしたが、それからブラック、2012年には新たにパープルが加わりカラーバリエーションも豊富になりました。 廃盤になって入手困難な時期もありましたが、絶大な人気を誇るパラティッシだからこそ再生産され、現行で手に入れられるのはファンとしてはとても嬉しいです。 絵柄の入った食器は使うのが難しそうと思うかも知れませんが、パラティッシはどんな食卓にも合ってしまうから不思議です。 この作品は、一度廃盤になったさらに前に販売されていたものとなりバックスタンプも古いもので希少です。

送料無料
マイセン/Meissen ブルーオニオンマグカップペア

Amazon

108,000

マイセン/Meissen ブルーオニオンマグカップペア

ご存知ドイツのマイセンは名実ともに西洋白磁の最高峰です。所有することに喜びを感じる逸品です。 日本の墨絵を思わせるような筆のタッチと藍色の濃淡で描かれた蘭はマイセンの熟練した職人達の心意気が感じられます。日本でも人気のシリーズです。 ◆ マイセン(Meissen) [ドイツ製] ◆ 1709年、ヨーロッパで初めて白磁の製造に成功したのがマイセン窯です。 それまで磁器は東洋から輸入されたものばかりで、王侯貴族のみが手にできる大変な貴重品でした。 当時のザクセン(今のドイツ)侯であったアウグストの命令により9年の歳月をかけて研究された結果、白い磁器が誕生し、以来マイセンはヨーロッパ最古の窯として、世界的な名声を得ています。 「青い双剣」と呼ばれる剣のマークは、その秘法が外にもれないようにするという意味があるそうです。 今でも絵付けは誇り高き職人たちによってすべて手描きで行われており、その伝統に培われた美しさは広く人々の憧れとなっています。 ◆ ブルーオニオン ◆ 1739年より続くマイセンを代表するシリーズです。中国の染め付け技術を応用してつくられています。 白磁にコバルト色で描かれた模様は実はオニオン(タマネギ)ではなく、ザクロやモモを図案化したものです。 マイセンのマークである「青い双剣」が器の図柄の中に描かれているのも特徴のひとつ。 あまりの人気に類似品が多く出回ったため、本物であることを示すために1885年から入れられています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク