メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「加賀ゆびぬき」検索結果。

加賀ゆびぬきの商品検索結果全7件中1~7件目

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
【リヤドロ LLADRO】 幸せのはじまり

人形工房 雅遊

63,720

【リヤドロ LLADRO】 幸せのはじまり

■サイズ(本体):H23×W12×D11cm 若々しいカップルが写真を撮ってもらうのを待っているかのように佇んでいます。 誓いに立ち会った友人や家族に対する気持ちが表れていて、立ち会ってくれたことへの感謝の念とこれから幸せな未来を築くという誓いが伝わってきます。 緑の葉で取り巻いた白いバラをあしらった花嫁のブーケは、リヤドロならではの繊細なポーセリン技術で作り出されました。 レリーフ状のドレスの優美な花模様にもご注目ください。 【リヤドロをご購入のお客様には、転倒防止用のクリアミュージアムジェルをプレゼント致します】 ※一部対象外商品あり ■リヤドロは、すべて一点一点手作りのため、表情や色合いが掲載画像と若干異なる場合がございます。 ※お取り寄せ商品につき多少お時間を頂戴する場合があります。また在庫状況によって商品が確保できない場合がございますので、予め御了承頂けます様お願い申し上げます。ヨーロピアン ラグジュアリー・ポーセリンアートブランド、リヤドロ。 中世ヨーロッパではその製法が国家機密とされるほどに、貴族たちに愛されたポーセリン(磁器)。 そのポーセリンを用いて芸術作品を成形する技術は、創業以来変わることなく、スペインの アーティストたちの手により受け継がれています。 また人生の美しい瞬間や躍動感あふれる生命の姿、ポーセリンアートの秘めた無限の造形美の 可能性を追求したその作品の数々は、世界中の多くの人々の共感を得、ポーセリンアートの トップブランドへと成長しました。 広く芸術的価値を認められたリヤドロの作品は、世界約120カ国にて展開され、ロシアの エルミタージュ美術館など、世界に名だたる美術館に展示・所蔵されています。

送料無料
【 茶道具・棗 】中棗 紅葉蒔絵 内銀地加賀の蒔絵師 角出俊平作

佐藤大観堂

98,000

【 茶道具・棗 】中棗 紅葉蒔絵 内銀地加賀の蒔絵師 角出俊平作

■在庫のない場合、お申し込後、納品迄、 1~2週間程度ご猶予をお願いする場合がございます。 ■中棗 紅葉蒔絵 内銀地 分類 茶道具 R-D9-NM-KS--------------------------------------紅葉(こうよう、もみじ)は、秋に起こる落葉樹の葉の色が変わる現象。「もみじ」の語源は秋口の霜や時雨の冷たさに揉み出されるようにして色づき始めることから「揉み出づ」→「もみづ」→「もみじ」→「紅葉」と転訛したとする説が有力とされる。日本では、紅葉の季節になると紅葉を見物する行楽、紅葉狩り(もみじがり)に出かける人が多く、紅葉をめでる習慣は平安の頃の風流から始まったとされ、特に京都では多くの落葉樹が植樹されている。なお、この場合の「狩り」というのは「草花を眺める事」の意味をさす。 作者 加賀の蒔絵師 角出俊平(かどで しゅんぺい) 作者略歴 1942年 山中町生まれ 1985年 石川県伝統産業奨励賞受賞 1989年 日本伝統漆芸展初入選 以後連続入選 1993年 伝統工芸士認定 寸法 径7.0cm、 高さ7.4cm。 備考 桐共箱、布、作家栞・略歴付。新品。 茶道具 美術工芸品 陶磁器 漆器 和の器 茶会用品 抹茶--大観堂 ■トップページに戻り、他の作品を見る

送料無料
【作家名】中野克彦 【作品名】カフェ・A La Grille

アートギャラリーモトカワ

85,000

【作家名】中野克彦 【作品名】カフェ・A La Grille

●画家名:中野克彦 ●作品名:カフェ・A La Grille ●絵のサイズ:W16,6×H22,7cm(SM) ●額装サイズ:W29×H36cm ●絵画の技法:油絵 ●サイン:作家直筆サイン 中野克彦さんが油絵の絵画で描いたパリの街角「カフェ・A La Grille」は、2009年に描かれた油絵です。 中野克彦さんの油絵の中でも特に人気の高い、ブリティッシュ・グリーンの色がメイン使われた素敵な絵画作品です。 この油絵は2009年に描かれましたが、売れ残りではありません。 中野克彦さんのお気に入りの油絵で、アトリエに飾られていた作品です。 先日、中野克彦さんのアトリエに初めてお邪魔させていただきました。 描きかけの油絵や、油絵の具でアトリエの中はいっぱいでした。 目ざとい僕は、中野克彦さんの座る椅子の前に飾ってあった油絵にすぐに目がいき、10回ぐらい頭を下げて二つの油絵を頂いてきました。 その二つの油絵の中の一つです。 中野克彦さんがパリに渡って、滞在中に何度も通う行きつけのカフェ・レストランを描いた油絵です。 このカフェは何でも美味しく、その中でもエスプレッソが特にお薦めだそうです。 いつでもこのお店のスタッフや雰囲気に包まれていたくて、油絵で描いた絵をアトリエの壁に掛けて飾っていたそうです。 そんな油絵なので、僕が持ち去る時に中野克彦さんは少し寂しそうでしたが、「また描きます。」と言って諦めてくれました。 画商の立場から見ると、画家さんの思い入れのある絵ほど良い絵が多いのは間違いありません。 中野克彦さんが油絵の絵画で描いたパリの街角「カフェ・A La Grille」をぜひご自宅のインテリアやプレゼントの絵としてご購入ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク