メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「富士酢」検索結果。

富士酢の商品検索結果全550件中1~60件目

富士玄米黒酢(500mL)【飯尾醸造 富士酢】

楽天24

1,512

富士玄米黒酢(500mL)【飯尾醸造 富士酢】

お店TOP 健康食品 お酢 黒酢 黒酢 富士玄米黒酢 (500mL)★税抜2500円以上で送料無料★【富士玄米黒酢の商品詳細】●昔ながらの静置発酵法で、じっくり発酵させた玄米黒酢です。●原料米は、京都丹後で農薬を使用せず栽培した特別栽培玄米を使用しています。●長期間の発酵・熟成により、コクとノビがあります。●酢1L造るのに240gの玄米を使用しています。●酸度4.5%です。【お召上がり方】・水で5~8倍に薄めて毎日お飲み下さい。・ハチミツ等で甘味をつけていただいても美味しくお召上がりいただけます。・中華料理、酢大豆、梅酢、らっきょうの酢漬け等にもご利用いただけます。【富士玄米黒酢の原材料】米(玄米)【栄養成分/100gあたり】エネルギー・・・26kcaLたんぱく質・・・0.9g脂質・・・0.1g未満炭水化物・・・2.1gナトリウム・・・1.5mg【注意】・製造工場では、小麦・大豆・りんごを含む製品を生産しています。・開栓後、しっかり栓をしないで放置すると空気中の菌が混入し、表面にクラゲ状の菌膜が発生したり、濁りが生じる場合があります。・直射日光を避け冷暗所に保存してください。【ブランド】飯尾醸造 富士酢【発売元、製造元、輸入元又は販売元】飯尾醸造こちらの商品はご注文の集中によりお届けに3週間前後かかる場合があります。あらかじめご了承ください(0.5L)飯尾醸造626-0052 京都府宮津市小田宿野3730772-25-0015広告文責:Rakuten Direct株式会社電話:050-5577-5043[健康酢 黒酢等/ブランド:飯尾醸造 富士酢/]

富士酢(900mL)【イチオシ】【rank_review】【HOF01】【飯尾醸造 富士酢】

楽天24

1,037

富士酢(900mL)【イチオシ】【rank_review】【HOF01】【飯尾醸造 富士酢】

お店TOP フード 調味料・油 酢 純米酢 富士酢 (900mL)★税抜2500円以上で送料無料★【富士酢の商品詳細】●静置発酵法、天然醸造のじっくり発酵させた米酢です。●菌が自然に育っている為、遊離のアミノ酸が多く、まろやかでおいしいお酢です。●特別栽培米で一度お酒を造り(40日)、さらに酢酸発酵させて酢を造ります。4ヶ月以上熟成期間をおいています。●長期間の発酵・熟成により、コクとノビのある純粋米酢です。●特別栽培米は京都丹後産です。●酸度4.2%です。【お召上がり方】・酢の物・寿司などの調味料としてお使い下さい。【富士酢の原材料】米【栄養成分/100gあたり】エネルギー・・・20kcaLたんぱく質・・・0.4g脂質・・・0.1g未満炭水化物・・・0.5gナトリウム・・・1.6mg【注意】・製造工場では、小麦・大豆・りんごを含む製品を生産しています。・直射日光を避け冷暗所に保存してください。【ブランド】飯尾醸造 富士酢【発売元、製造元、輸入元又は販売元】飯尾醸造(0.9L)飯尾醸造626-0052 京都府宮津市小田宿野3730772-25-0015広告文責:Rakuten Direct株式会社電話:050-5577-5043[健康酢 黒酢等/ブランド:飯尾醸造 富士酢/]

送料無料
富士玄米黒酢(900mL)【HOF01】【飯尾醸造 富士酢】【送料無料】

楽天24

2,360

富士玄米黒酢(900mL)【HOF01】【飯尾醸造 富士酢】【送料無料】

お店TOP 健康食品 お酢 黒酢 黒酢 富士玄米黒酢 (900mL)☆送料無料☆【富士玄米黒酢の商品詳細】●昔ながらの静置発酵法で、じっくり発酵させた玄米黒酢です。●原料米は、京都丹後で農薬を使用せず栽培した特別栽培玄米を使用しています。●長期間の発酵・熟成により、コクとノビがあります。●酢1L造るのに240gの玄米を使用しています。●酸度4.5%です。【お召上がり方】・水で5~8倍に薄めて毎日お飲み下さい。・ハチミツ等で甘味をつけていただいても美味しくお召上がりいただけます。・中華料理、酢大豆、梅酢、らっきょうの酢漬け等にもご利用いただけます。【富士玄米黒酢の原材料】米(玄米)【栄養成分/100gあたり】エネルギー・・・26kcaLたんぱく質・・・0.9g脂質・・・0.1g未満炭水化物・・・2.1gナトリウム・・・1.5mg【注意】・製造工場では、小麦・大豆・りんごを含む製品を生産しています。・開栓後、しっかり栓をしないで放置すると空気中の菌が混入し、表面にクラゲ状の菌膜が発生したり、濁りが生じる場合があります。・直射日光を避け冷暗所に保存してください。【原産国】日本【ブランド】飯尾醸造 富士酢【発売元、製造元、輸入元又は販売元】飯尾醸造(0.9L)飯尾醸造626-0052 京都府宮津市小田宿野3730772-25-0015広告文責:Rakuten Direct株式会社電話:050-5577-5043[健康酢 黒酢等/ブランド:飯尾醸造 富士酢/]※こちらの商品だけをご注文いただいた場合、送料無料のサービスを実施しています。(他商品と一緒にご注文いただいた場合、商品代金合計が税抜2500円以上であれば送料無料になります。)

純米富士酢/900ml

健康ストア 健友館

1,188

純米富士酢/900ml

原料は京都・丹後の農薬不使用の新米のみ。百年以上伝わる昔ながらの職人技で、静置発酵・長期熟成させた芳醇なコクと旨みの純米酢。【原材料】米(京都府産)【内容量】900ml富士酢の飯尾醸造 蔵見学 5/17、富士酢を造っている飯尾醸造に蔵見学に行ってきました。 飯尾醸造は天橋立が一望できる宮津市にあります。 蔵見学の前に、飯尾醸造の酢造りの主原料となるお米の生産地 (田んぼ)の見学です。 蔵から田んぼまでは車で40分ほど掛かります。 通常、農家さんたちは平野にある田んぼを好まれるのですが、 飯尾醸造の契約栽培している田んぼは標高350m~500m という高地の僻地にあります。車で連れて行っていただいた時は 「どこまで連れて行かれるんやろう?」と思うくらい山奥です。 飯尾醸造の蔵人の秋山さん曰く、「こんな僻地でお米を作っているのに は理由があるのです。完全無農薬米を作るには近隣で農薬散布をされる と、その農薬がついてしまう。この集落全ての方と契約栽培していますので完全無農薬栽培が出来るわけです。」 飯尾醸造で使うお米は全てここのお米を使用されていますが、もう40年前から完全無農薬栽培米です。 高度成長期、農薬を使うことが当たり前だった42年に完全無農薬米使用を目指し、この集落の全員と契約するに至る 話を聞きましたが、本当に苦労されて今の飯尾醸造があると思います。 このお米だけでも相当なこだわりですが、蔵に行けばそれ以上のこだわりを見せていただきました。 製品化までに掛かる時間と1本当たりのお米の使用量です。 お米の生産から始まり、その原料でお酒を造り、それを発酵。やっと酢になります。 お酒から酢になるまでの静置発酵も夏場で4~5ヶ月、冬場で2.5~3ヶ月掛かります。 製品として出来上がるまでに約2年という長い年月を掛けています。 さて...

富士酢プレミアム/500ml

健康ストア 健友館

1,512

富士酢プレミアム/500ml

農薬を使わずに栽培した米を、米酢と表示できる量の8倍使用。やさしい香り、穏やかな酸味、円熟の旨みが堪能できる極上の純米酢。【原材料】米(京都府産)【内容量】500ml富士酢の飯尾醸造 蔵見学 5/17、富士酢を造っている飯尾醸造に蔵見学に行ってきました。 飯尾醸造は天橋立が一望できる宮津市にあります。 蔵見学の前に、飯尾醸造の酢造りの主原料となるお米の生産地 (田んぼ)の見学です。 蔵から田んぼまでは車で40分ほど掛かります。 通常、農家さんたちは平野にある田んぼを好まれるのですが、 飯尾醸造の契約栽培している田んぼは標高350m~500m という高地の僻地にあります。車で連れて行っていただいた時は 「どこまで連れて行かれるんやろう?」と思うくらい山奥です。 飯尾醸造の蔵人の秋山さん曰く、「こんな僻地でお米を作っているのに は理由があるのです。完全無農薬米を作るには近隣で農薬散布をされる と、その農薬がついてしまう。この集落全ての方と契約栽培していますので完全無農薬栽培が出来るわけです。」 飯尾醸造で使うお米は全てここのお米を使用されていますが、もう40年前から完全無農薬栽培米です。 高度成長期、農薬を使うことが当たり前だった42年に完全無農薬米使用を目指し、この集落の全員と契約するに至る 話を聞きましたが、本当に苦労されて今の飯尾醸造があると思います。 このお米だけでも相当なこだわりですが、蔵に行けばそれ以上のこだわりを見せていただきました。 製品化までに掛かる時間と1本当たりのお米の使用量です。 お米の生産から始まり、その原料でお酒を造り、それを発酵。やっと酢になります。 お酒から酢になるまでの静置発酵も夏場で4~5ヶ月、冬場で2.5~3ヶ月掛かります。 製品として出来上がるまでに約2年という長い年月を掛けています。 さて...

純米 富士酢/900ml

健康ストア 健友館

1,188

純米 富士酢/900ml

■明治二十六年の創業よりかわらぬ製法■原料は地元・宮津の27軒の農家が農薬を使わずに栽培した米と水だけを使用■うまみが強く濃厚な味わいが特長 原材料 : 米(京都府産)内容量 : 900ml富士酢の飯尾醸造 蔵見学 5/17、富士酢を造っている飯尾醸造に蔵見学に行ってきました。 飯尾醸造は天橋立が一望できる宮津市にあります。 蔵見学の前に、飯尾醸造の酢造りの主原料となるお米の生産地 (田んぼ)の見学です。 蔵から田んぼまでは車で40分ほど掛かります。 通常、農家さんたちは平野にある田んぼを好まれるのですが、 飯尾醸造の契約栽培している田んぼは標高350m~500m という高地の僻地にあります。車で連れて行っていただいた時は 「どこまで連れて行かれるんやろう?」と思うくらい山奥です。 飯尾醸造の蔵人の秋山さん曰く、「こんな僻地でお米を作っているのに は理由があるのです。完全無農薬米を作るには近隣で農薬散布をされる と、その農薬がついてしまう。この集落全ての方と契約栽培していますので完全無農薬栽培が出来るわけです。」 飯尾醸造で使うお米は全てここのお米を使用されていますが、もう40年前から完全無農薬栽培米です。 高度成長期、農薬を使うことが当たり前だった42年に完全無農薬米使用を目指し、この集落の全員と契約するに至る 話を聞きましたが、本当に苦労されて今の飯尾醸造があると思います。 このお米だけでも相当なこだわりですが、蔵に行けばそれ以上のこだわりを見せていただきました。 製品化までに掛かる時間と1本当たりのお米の使用量です。 お米の生産から始まり、その原料でお酒を造り、それを発酵。やっと酢になります。 お酒から酢になるまでの静置発酵も夏場で4~5ヶ月、冬場で2.5~3ヶ月掛かります。 製品として出来上がるまでに約2年という長い年月を掛け...

富士酢プレミアム/500ml

健康ストア 健友館

1,512

富士酢プレミアム/500ml

20年以上もの間、試行錯誤を重ねた末に生まれたのが富士酢プレミアムです。 酢1リットルにつき320g(JAS規格の「米酢」表示基準の8倍量)と、たっぷりのお米を原料にしているため、米本来のうまみと柔らかな甘味が広がります。 【原料名】 米 【内容量】 500ml 【取扱説明】 まろやかな純米酢ですから、どんなお酢料理にもお使いいただけます。特に、お寿司や酢漬けなど、火を入れないお料理におすすめいたします。富士酢の飯尾醸造 蔵見学 5/17、富士酢を造っている飯尾醸造に蔵見学に行ってきました。 飯尾醸造は天橋立が一望できる宮津市にあります。 蔵見学の前に、飯尾醸造の酢造りの主原料となるお米の生産地 (田んぼ)の見学です。 蔵から田んぼまでは車で40分ほど掛かります。 通常、農家さんたちは平野にある田んぼを好まれるのですが、 飯尾醸造の契約栽培している田んぼは標高350m~500m という高地の僻地にあります。車で連れて行っていただいた時は 「どこまで連れて行かれるんやろう?」と思うくらい山奥です。 飯尾醸造の蔵人の秋山さん曰く、「こんな僻地でお米を作っているのに は理由があるのです。完全無農薬米を作るには近隣で農薬散布をされる と、その農薬がついてしまう。この集落全ての方と契約栽培していますので完全無農薬栽培が出来るわけです。」 飯尾醸造で使うお米は全てここのお米を使用されていますが、もう40年前から完全無農薬栽培米です。 高度成長期、農薬を使うことが当たり前だった42年に完全無農薬米使用を目指し、この集落の全員と契約するに至る 話を聞きましたが、本当に苦労されて今の飯尾醸造があると思います。 このお米だけでも相当なこだわりですが、蔵に行けばそれ以上のこだわりを見せていただきました。 製品化までに掛かる時間と1本当たりのお米の使用量です...

富士玄米黒酢/500ml

健康ストア 健友館

1,728

富士玄米黒酢/500ml

京都・丹後の農薬不使用玄米から長期発酵・熟成した黒酢。毎日の健康サポートに、大さじ1杯を水やジュースで薄めてお飲み下さい。【原材料】米(玄米)【内容量】500ml富士酢の飯尾醸造 蔵見学 5/17、富士酢を造っている飯尾醸造に蔵見学に行ってきました。 飯尾醸造は天橋立が一望できる宮津市にあります。 蔵見学の前に、飯尾醸造の酢造りの主原料となるお米の生産地 (田んぼ)の見学です。 蔵から田んぼまでは車で40分ほど掛かります。 通常、農家さんたちは平野にある田んぼを好まれるのですが、 飯尾醸造の契約栽培している田んぼは標高350m~500m という高地の僻地にあります。車で連れて行っていただいた時は 「どこまで連れて行かれるんやろう?」と思うくらい山奥です。 飯尾醸造の蔵人の秋山さん曰く、「こんな僻地でお米を作っているのに は理由があるのです。完全無農薬米を作るには近隣で農薬散布をされる と、その農薬がついてしまう。この集落全ての方と契約栽培していますので完全無農薬栽培が出来るわけです。」 飯尾醸造で使うお米は全てここのお米を使用されていますが、もう40年前から完全無農薬栽培米です。 高度成長期、農薬を使うことが当たり前だった42年に完全無農薬米使用を目指し、この集落の全員と契約するに至る 話を聞きましたが、本当に苦労されて今の飯尾醸造があると思います。 このお米だけでも相当なこだわりですが、蔵に行けばそれ以上のこだわりを見せていただきました。 製品化までに掛かる時間と1本当たりのお米の使用量です。 お米の生産から始まり、その原料でお酒を造り、それを発酵。やっと酢になります。 お酒から酢になるまでの静置発酵も夏場で4~5ヶ月、冬場で2.5~3ヶ月掛かります。 製品として出来上がるまでに約2年という長い年月を掛けています。 さて...

純米 富士酢/1.8L

健康ストア 健友館

1,944

純米 富士酢/1.8L

■明治二十六年の創業よりかわらぬ製法■原料は地元・宮津の27軒の農家が農薬を使わずに栽培した米と水だけを使用■うまみが強く濃厚な味わいが特長 原材料 : 米(京都府産)内容量 : 1.8L富士酢の飯尾醸造 蔵見学 5/17、富士酢を造っている飯尾醸造に蔵見学に行ってきました。 飯尾醸造は天橋立が一望できる宮津市にあります。 蔵見学の前に、飯尾醸造の酢造りの主原料となるお米の生産地 (田んぼ)の見学です。 蔵から田んぼまでは車で40分ほど掛かります。 通常、農家さんたちは平野にある田んぼを好まれるのですが、 飯尾醸造の契約栽培している田んぼは標高350m~500m という高地の僻地にあります。車で連れて行っていただいた時は 「どこまで連れて行かれるんやろう?」と思うくらい山奥です。 飯尾醸造の蔵人の秋山さん曰く、「こんな僻地でお米を作っているのに は理由があるのです。完全無農薬米を作るには近隣で農薬散布をされる と、その農薬がついてしまう。この集落全ての方と契約栽培していますので完全無農薬栽培が出来るわけです。」 飯尾醸造で使うお米は全てここのお米を使用されていますが、もう40年前から完全無農薬栽培米です。 高度成長期、農薬を使うことが当たり前だった42年に完全無農薬米使用を目指し、この集落の全員と契約するに至る 話を聞きましたが、本当に苦労されて今の飯尾醸造があると思います。 このお米だけでも相当なこだわりですが、蔵に行けばそれ以上のこだわりを見せていただきました。 製品化までに掛かる時間と1本当たりのお米の使用量です。 お米の生産から始まり、その原料でお酒を造り、それを発酵。やっと酢になります。 お酒から酢になるまでの静置発酵も夏場で4~5ヶ月、冬場で2.5~3ヶ月掛かります。 製品として出来上がるまでに約2年という長い年月を掛けて...

純米富士酢/1.8 L

健康ストア 健友館

1,944

純米富士酢/1.8 L

原料は京都・丹後の農薬不使用の新米のみ。百年以上伝わる昔ながらの職人技で、静置発酵・長期熟成させた芳醇なコクと旨みの純米酢。【原材料】米(京都府産)【内容量】1.8L富士酢の飯尾醸造 蔵見学 5/17、富士酢を造っている飯尾醸造に蔵見学に行ってきました。 飯尾醸造は天橋立が一望できる宮津市にあります。 蔵見学の前に、飯尾醸造の酢造りの主原料となるお米の生産地 (田んぼ)の見学です。 蔵から田んぼまでは車で40分ほど掛かります。 通常、農家さんたちは平野にある田んぼを好まれるのですが、 飯尾醸造の契約栽培している田んぼは標高350m~500m という高地の僻地にあります。車で連れて行っていただいた時は 「どこまで連れて行かれるんやろう?」と思うくらい山奥です。 飯尾醸造の蔵人の秋山さん曰く、「こんな僻地でお米を作っているのに は理由があるのです。完全無農薬米を作るには近隣で農薬散布をされる と、その農薬がついてしまう。この集落全ての方と契約栽培していますので完全無農薬栽培が出来るわけです。」 飯尾醸造で使うお米は全てここのお米を使用されていますが、もう40年前から完全無農薬栽培米です。 高度成長期、農薬を使うことが当たり前だった42年に完全無農薬米使用を目指し、この集落の全員と契約するに至る 話を聞きましたが、本当に苦労されて今の飯尾醸造があると思います。 このお米だけでも相当なこだわりですが、蔵に行けばそれ以上のこだわりを見せていただきました。 製品化までに掛かる時間と1本当たりのお米の使用量です。 お米の生産から始まり、その原料でお酒を造り、それを発酵。やっと酢になります。 お酒から酢になるまでの静置発酵も夏場で4~5ヶ月、冬場で2.5~3ヶ月掛かります。 製品として出来上がるまでに約2年という長い年月を掛けています。 さて...

富士すし酢

健康ストア 健友館

648

富士すし酢

農薬を使用せず育てた米から作った富士酢をベースに、蜂蜜と粗糖を甘味に加えた、コクと旨味があるすし用合わせ酢です。 ☆すしの旨さは、おいしいすし酢と具の旨味が決め手です。富士すし酢は、すし御飯の微妙な味を演出します。 ☆はちみつと粗糖を使っていますので、すし飯がかたくなりにくくしっとりやわらかに仕上がります。 ☆化学調味料は使っていません。 【原料名】 純米酢、はちみつ、砂糖(粗糖)、塩(天塩) 【内容量】 360ml 【取扱説明】 ☆ちらしすしなどのすし飯作りに最適です。 炊きたてご飯に合わせるだけですし飯が簡単にできます。 ☆米1カップにつき、30~40ccを目安にご使用ください。富士酢の飯尾醸造 蔵見学 5/17、富士酢を造っている飯尾醸造に蔵見学に行ってきました。 飯尾醸造は天橋立が一望できる宮津市にあります。 蔵見学の前に、飯尾醸造の酢造りの主原料となるお米の生産地 (田んぼ)の見学です。 蔵から田んぼまでは車で40分ほど掛かります。 通常、農家さんたちは平野にある田んぼを好まれるのですが、 飯尾醸造の契約栽培している田んぼは標高350m~500m という高地の僻地にあります。車で連れて行っていただいた時は 「どこまで連れて行かれるんやろう?」と思うくらい山奥です。 飯尾醸造の蔵人の秋山さん曰く、「こんな僻地でお米を作っているのに は理由があるのです。完全無農薬米を作るには近隣で農薬散布をされる と、その農薬がついてしまう。この集落全ての方と契約栽培していますので完全無農薬栽培が出来るわけです。」 飯尾醸造で使うお米は全てここのお米を使用されていますが、もう40年前から完全無農薬栽培米です。 高度成長期、農薬を使うことが当たり前だった42年に完全無農薬米使用を目指し、この集落の全員と契約するに至る 話を聞きましたが...

飯尾醸造 純米富士酢 500ml

てくてくねっと環境雑貨と有機食品

756

飯尾醸造 純米富士酢 500ml

内容量500ml 原材料米 (京都府) 賞味期限製造日より720日 保存方法直射日光を避け冷暗所に保存して下さい。 製造者(株)飯尾醸造 / 京都府宮津市 ・開栓後はキャップをきちんと閉めて直射日光のあたらない場所で常温保存して下さい。昔ながらの職人技で古式「静置発酵」、長期熟成させました。こだわりの純米酢です。まろやかな旨みとコクの純米酢明治26年の創業より変わらぬ製法で造っている「純米富士酢」。地元、京都・丹後の山里で農薬を使わずに育てた米と山から湧き出た伏流水。ただそれだけを原料に造った純米酢です。 自社の蔵で杜氏が醪(もろみ)を仕込み、その醪から古式「静置発酵」と「長期熟成」で酢を造ります。米づくりからはじめて2年以上、今となっては珍しい気長な製法を守っています。 酢1リットルにつき200gのお米を使用。これは、「米酢」と表示できる規格の量の5倍ものお米の量です。たっぷりのお米を原料にしているため、うまみが強く濃厚な味わいが特長です。お料理に深みとコクを加えてくれます。 ※醪(もろみ)……純米酒を造る際に、酒と粕に分ける前段階のもの 「純米富士酢」の美味しい召し上がり方まろやかな純米酢ですから、どんなお酢料理にもお使いいただけます。特に、酢の物、お寿司、酢漬け、ドレッシング、炒め物、エスニック料理など、お酢がキメテのお料理におすすめいたします。原材料:米 (京都産)賞味期限:製造日より2年(直射日光のあたらない場所で、常温保存してください)

飯尾醸造 富士すし酢 360ml

てくてくねっと環境雑貨と有機食品

648

飯尾醸造 富士すし酢 360ml

飯尾醸造「富士酢」のこだわり1. 原料のお米は無農薬の新米のみ。酢1リットルにつき、200gもの米を使います。 いい酢はいい米から。これが飯尾醸造の考え方です。昭和39年から地元、京都・宮津の棚田で農薬を使わずにお米を作ってもらい、 その新米だけを原料にお酢を造っています。人里離れた棚田でわざわざお米を作るのは、他の田んぼで使った農薬や生活排水の影響を受けないようにするためです。「純米富士酢」はお米と水だけが原料の純米酢です。酢1リットルにつき200gのお米を使いますが、 これはJAS規格の5倍量にあたります。(※1) 「富士酢プレミアム」ではさらにたくさんのお米を使っています。酢1リットルにつき、320g。JAS規格の8倍量にあたります。たっぷりのお米で仕込んだお酢は、 ただ酸っぱいだけでなく、コクと旨みが感じられます。 2. 自社の蔵で、杜氏が“酢もともろみ"(酒)も仕込みます。 毎年冬になると、飯尾醸造の蔵では杜氏が酢もともろみ(酒)を仕込みます。麹づくりからはじまり、酒母づくり、 そしてもろみ(酒)の仕込みと、約100日間泊まり込みでの作業になります。できあがった酢もともろみ(酒)にはアミノ酸がたっぷり。 これがこのあとお酢の風味をおいしくする決め手となります。3. 時間と手間はかかっても「古式静置発酵」でお酢を造ります。 飯尾醸造では「静置発酵法」により酢もともろみ(酒)をお酢に発酵させます。これはタンクの表面だけで酢酸菌が自然発酵していくのを待つ発酵法です。発酵だけで約100日間と時間はかかりますが、 アミノ酸がとばず、まろやかな味のお酢に仕上がります。(※2)無農薬のおいしい米を贅沢に使い、「静置発酵」で時間をかけて造った「富士酢」の味は、しっかり酸っぱいのにツンツンせず、まろやかです。 お米の芳醇な香り...

スポンサーリンク
スポンサーリンク