メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「木米」検索結果。

木米の商品検索結果全83件中1~60件目

送料無料
九谷焼 3寸 香炉 木米( 陶器 かわいい )

和座 和風空間創造工房

4,320

九谷焼 3寸 香炉 木米( 陶器 かわいい )

こんな時にお薦めです 記念品/結婚祝い/金婚御祝い/新築祝/誕生日プレゼント/上場記念/開店祝/内祝い/快気祝い/父の日/母の日/敬老の日/お中元/お歳暮などの贈り物に最適 【無料】のし ラッピング ギフトカード 配送日指定店舗内移動ナビ トップページ >> 九谷焼 香炉一覧 献上品としての九谷焼 九谷焼の香炉はあくまでも飾り香炉の用途で作られております。香を炊くという実用的な部分は切り捨て、あくまでも美しさにこだわり創られております。床の間はもちろん現代においてはリビング、寝室、玄関などにもお飾り頂けるインテリア小物としての香炉をお楽しみ頂ければと思います。古くは献上品として石川県(加賀の國)を代表する宝物のひとつとして贈られてきた文化が今も色濃く感じることができる九谷焼の香炉。ご自宅用としてもご贈答品としてもお薦めできる作品です。 ※鑑賞用向けの香炉となっております。香を炊く場合には敷灰を入れ蓋を開けた状態でご使用下さい。 「加飾(過色)の文化」九谷焼の一般的なイメージは「派手な焼物」と言われる事が多い。まさにその通りだと思います。三百五十年以上も前に、この石川県の地で焼物が作られたが鉄分を多く含む陶石を使っていたことからその性質上、真白な色の焼物にならず見栄えを良くする為に絵が描かれた事が九谷焼のルーツだと伝えられています。九谷焼は彩色することにより焼物に価値を見出したのです。以降、加賀百万石、前田家の豪放華麗な文化の中で、その加飾技術は磨き上げられ今日の絢爛豪華な作品の数々が生み出されました。そして明治期に輸出用の作品として贅沢に金を用い描かれた作品が現代の九谷焼の「派手」なイメージの基になっていることは間違いありません。もちろん九谷焼の中にも染付(藍と白)で描かれたシンプルな作品も多々あります...

送料無料
九谷焼【掘り出し市!】香炉 木米〈紙箱入り〉国産品

鳥の巣箱

4,820

九谷焼【掘り出し市!】香炉 木米〈紙箱入り〉国産品

最終処分特価! 在庫限りの掘り出し市!! 売り切れ御免!! 伝統工芸 九谷焼【香炉】 香炉 木米 サイズ:約径9×高さ13cm 〈紙箱入り〉 MADE IN JAPAN《日本製》 父の日・母の日・敬老の日・お誕生日のプレゼント他、ご結婚祝い・ 新築祝いなどの各種贈り物として、伝統工芸「九谷焼」ならではの独 特な魅力は、深く思い出に残るギフトとしてとても人気があります。 海外へのお土産や、記念品としてもお勧めです。 ■九谷焼とは 九谷焼は江戸時代初期、現在の石川県山中町九谷で初めて焼かれた ことから、その名がつけられました。 1873年のウィーン万国博覧会などの博覧会に出品されるなど、 九谷焼は国際的にも有名な、石川県で作られる焼き物です。 その最大の特徴は、華やかで美しい上絵付け色絵装飾にあります。 この「上絵付け」は、本焼した陶磁器の釉薬の上に文様を描き更に 窯で焼きます。このとき使用される絵の具が「九谷の五彩」と呼ば れる五色(赤・黄・緑・紫・紺青)で、色絵・五彩手と青手の二つ の種類があります。 九谷焼は、加賀百万石の伝統文化と歴史ロマンが凝縮した、まさに 日本が誇る芸術品の一つといえるでしょう。伝統工芸 九谷焼 《伝統》 変わることなく受け継がれてきた伝統美 《技法》 多用な美を生み出す 九谷の手仕事 数百年の時を経ても価値ある独特の美意識を備えた九谷焼。 赤、緑、黄、紫、紺青の五彩を巧にあやつり描く絵柄は、花鳥風月や山水人物、幾何学 模様など、繊細さと力強さを兼ね備えた見事な筆使いで表現されています。 匠の手から生まれるジャパンクタニの美は、世界中の人々を魅了してやみません。

九谷焼 香炉【仏具】3号豆香炉・木米〈木箱入り〉国産品(おしゃれ ギフト)

鳥の巣箱

4,320

九谷焼 香炉【仏具】3号豆香炉・木米〈木箱入り〉国産品(おしゃれ ギフト)

使うほどに愛着がます 日々の暮らしに寄り添う「九谷焼」 伝統工芸 九谷焼【仏具/香炉】 3号豆香炉・木米 サイズ:約径8×高9cm 〈木箱入り〉 MADE IN JAPAN《日本製》 父の日・母の日・敬老の日・お誕生日のプレゼント他、ご結婚祝い・ 新築祝いなどの各種贈り物として、伝統工芸「九谷焼」ならではの独 特な魅力は、深く思い出に残るギフトとしてとても人気があります。 海外へのお土産や、記念品としてもお勧めです。 ■九谷焼とは 九谷焼は江戸時代初期、現在の石川県山中町九谷で初めて焼かれた ことから、その名がつけられました。 1873年のウィーン万国博覧会などの博覧会に出品されるなど、 九谷焼は国際的にも有名な、石川県で作られる焼き物です。 その最大の特徴は、華やかで美しい上絵付け色絵装飾にあります。 この「上絵付け」は、本焼した陶磁器の釉薬の上に文様を描き更に 窯で焼きます。このとき使用される絵の具が「九谷の五彩」と呼ば れる五色(赤・黄・緑・紫・紺青)で、色絵・五彩手と青手の二つ の種類があります。 九谷焼は、加賀百万石の伝統文化と歴史ロマンが凝縮した、まさに 日本が誇る芸術品の一つといえるでしょう。伝統工芸 九谷焼 《伝統》 変わることなく受け継がれてきた伝統美 《技法》 多用な美を生み出す 九谷の手仕事 数百年の時を経ても価値ある独特の美意識を備えた九谷焼。 赤、緑、黄、紫、紺青の五彩を巧にあやつり描く絵柄は、花鳥風月や山水人物、幾何学 模様など、繊細さと力強さを兼ね備えた見事な筆使いで表現されています。 匠の手から生まれるジャパンクタニの美は、世界中の人々を魅了してやみません。

九谷焼【茶器/湯呑み】組湯呑・木米/吉田屋〈化粧箱入り〉国産品

鳥の巣箱

3,780

九谷焼【茶器/湯呑み】組湯呑・木米/吉田屋〈化粧箱入り〉国産品

使うほどに愛着がます 日々の暮らしに寄り添う「九谷焼」 伝統工芸 九谷焼【茶器/湯呑み】 組湯呑・木米/吉田屋 湯呑大サイズ:約径7.8×高8.5cm 〈化粧箱入り〉 MADE IN JAPAN《日本製》 父の日・母の日・敬老の日・お誕生日のプレゼント他、ご結婚祝い・ 新築祝いなどの各種贈り物として、伝統工芸「九谷焼」ならではの独 特な魅力は、深く思い出に残るギフトとしてとても人気があります。 海外へのお土産や、記念品としてもお勧めです。 ■九谷焼とは 九谷焼は江戸時代初期、現在の石川県山中町九谷で初めて焼かれた ことから、その名がつけられました。 1873年のウィーン万国博覧会などの博覧会に出品されるなど、 九谷焼は国際的にも有名な、石川県で作られる焼き物です。 その最大の特徴は、華やかで美しい上絵付け色絵装飾にあります。 この「上絵付け」は、本焼した陶磁器の釉薬の上に文様を描き更に 窯で焼きます。このとき使用される絵の具が「九谷の五彩」と呼ば れる五色(赤・黄・緑・紫・紺青)で、色絵・五彩手と青手の二つ の種類があります。 九谷焼は、加賀百万石の伝統文化と歴史ロマンが凝縮した、まさに 日本が誇る芸術品の一つといえるでしょう。伝統工芸 九谷焼 《伝統》 変わることなく受け継がれてきた伝統美 《技法》 多用な美を生み出す 九谷の手仕事 数百年の時を経ても価値ある独特の美意識を備えた九谷焼。 赤、緑、黄、紫、紺青の五彩を巧にあやつり描く絵柄は、花鳥風月や山水人物、幾何学 模様など、繊細さと力強さを兼ね備えた見事な筆使いで表現されています。 匠の手から生まれるジャパンクタニの美は、世界中の人々を魅了してやみません。

九谷焼【茶器/夫婦湯呑】組湯呑・木米〈化粧箱入り〉国産品

鳥の巣箱

4,320

九谷焼【茶器/夫婦湯呑】組湯呑・木米〈化粧箱入り〉国産品

使うほどに愛着がます 日々の暮らしに寄り添う「九谷焼」 伝統工芸 九谷焼【茶器/夫婦湯呑】 組湯呑・木米 湯呑大:約径7.6×高8.9cm 〈化粧箱入り〉 MADE IN JAPAN《日本製》 父の日・母の日・敬老の日・お誕生日のプレゼント他、ご結婚祝い・ 新築祝いなどの各種贈り物として、伝統工芸「九谷焼」ならではの独 特な魅力は、深く思い出に残るギフトとしてとても人気があります。 海外へのお土産や、記念品としてもお勧めです。 ■九谷焼とは 九谷焼は江戸時代初期、現在の石川県山中町九谷で初めて焼かれた ことから、その名がつけられました。 1873年のウィーン万国博覧会などの博覧会に出品されるなど、 九谷焼は国際的にも有名な、石川県で作られる焼き物です。 その最大の特徴は、華やかで美しい上絵付け色絵装飾にあります。 この「上絵付け」は、本焼した陶磁器の釉薬の上に文様を描き更に 窯で焼きます。このとき使用される絵の具が「九谷の五彩」と呼ば れる五色(赤・黄・緑・紫・紺青)で、色絵・五彩手と青手の二つ の種類があります。 九谷焼は、加賀百万石の伝統文化と歴史ロマンが凝縮した、まさに 日本が誇る芸術品の一つといえるでしょう。伝統工芸 九谷焼 《伝統》 変わることなく受け継がれてきた伝統美 《技法》 多用な美を生み出す 九谷の手仕事 数百年の時を経ても価値ある独特の美意識を備えた九谷焼。 赤、緑、黄、紫、紺青の五彩を巧にあやつり描く絵柄は、花鳥風月や山水人物、幾何学 模様など、繊細さと力強さを兼ね備えた見事な筆使いで表現されています。 匠の手から生まれるジャパンクタニの美は、世界中の人々を魅了してやみません。

九谷焼 マグカップ 木米〈紙箱入り〉/内祝い/引き出物/御祝い/誕生日/長寿御祝い/ギフト/贈りもの/贈答品

鳥の巣箱

3,240

九谷焼 マグカップ 木米〈紙箱入り〉/内祝い/引き出物/御祝い/誕生日/長寿御祝い/ギフト/贈りもの/贈答品

使うほどに愛着がます 日々の暮らしに寄り添う「九谷焼」 伝統工芸 九谷焼【茶器/コーヒー】 マグカップ・木米 サイズ:約径8.2×高8.5cm 〈紙箱入り〉 MADE IN JAPAN《日本製》 父の日・母の日・敬老の日・お誕生日のプレゼント他、ご結婚祝い・ 新築祝いなどの各種贈り物として、伝統工芸「九谷焼」ならではの独 特な魅力は、深く思い出に残るギフトとしてとても人気があります。 海外へのお土産や、記念品としてもお勧めです。 ■九谷焼とは 九谷焼は江戸時代初期、現在の石川県山中町九谷で初めて焼かれた ことから、その名がつけられました。 1873年のウィーン万国博覧会などの博覧会に出品されるなど、 九谷焼は国際的にも有名な、石川県で作られる焼き物です。 その最大の特徴は、華やかで美しい上絵付け色絵装飾にあります。 この「上絵付け」は、本焼した陶磁器の釉薬の上に文様を描き更に 窯で焼きます。このとき使用される絵の具が「九谷の五彩」と呼ば れる五色(赤・黄・緑・紫・紺青)で、色絵・五彩手と青手の二つ の種類があります。 九谷焼は、加賀百万石の伝統文化と歴史ロマンが凝縮した、まさに 日本が誇る芸術品の一つといえるでしょう。伝統工芸 九谷焼 《伝統》 変わることなく受け継がれてきた伝統美 《技法》 多用な美を生み出す 九谷の手仕事 数百年の時を経ても価値ある独特の美意識を備えた九谷焼。 赤、緑、黄、紫、紺青の五彩を巧にあやつり描く絵柄は、花鳥風月や山水人物、幾何学 模様など、繊細さと力強さを兼ね備えた見事な筆使いで表現されています。 匠の手から生まれるジャパンクタニの美は、世界中の人々を魅了してやみません。

【日本製】お給仕セット 小九谷焼茶碗付(木米/山水)4.2寸 奥行15.0cm×32.0cm×10.5cm

京都の仏具屋さん 香華堂

6,426

【日本製】お給仕セット 小九谷焼茶碗付(木米/山水)4.2寸 奥行15.0cm×32.0cm×10.5cm

茶菓接待に・一名分のおもてなしセット お寺様が読経に来られた際など、机のない部屋でお茶をお出しする際に便利な茶菓用セットです。 本来であれば茶托に乗せた湯呑と、銘々盆に懐紙を敷いてお茶菓子を乗せたものを畳の上に置けばよいのですが、畳を座具ではなく床地と感じがちな現代の生活様式においては「お茶室でもない畳にじかに置くのが抵抗がある」という方もおられることでしょう。 また、「そもそもフローリングなのでどうしていいかわからない」「絨毯をしいて畳のかわりになるのか」など、生活様式ごとに悩みは様々。そんなときに便利なのが、茶菓盆に茶台と菓子皿がセットになったこのお給仕セットです。 茶道や煎茶道の正式な形式ではありませんが、茶菓盆を座卓のかわりとして使用できるため、生活様式を問わず美しく丁重にお茶を供することができます。 茶菓盆自体は、ものを運ぶトレーとしては小さくてやや運び辛いので、運んだそのままをお客様の目前に置いてしまうよりも普通のお盆の上にお給仕セットを置いてお運びし、改めてお出しした方が、所作としてもスマートで安全でしょう。 銘々に茶菓盆ごと供することでたくさんの方へのお給仕が素早く行えるといった利点から、開けた場所での茶菓接待や忙しい甘味処など、頻繁にお給仕が行われる場所でもこういった一名分のセットがよく使用されています。 お給仕セットには、通常の茶托のものと、足のついた高茶台がセットになった2種類があります。 高茶台には、天目台(台天目点)のように羽部分を持ち上げて飲むといった作法はなく、単に背が高い茶台いわゆる貴人台のようなものとして、普通に茶碗だけを手にしてお飲みいただきます。自宅の来客接待用は茶托で、ご僧侶用には高茶台、と使い分けてもよいでしょう。 お盆はノンスリップ加工がしてありますので持ち運びの時に滑りにくくなっています...

九谷焼 2個セット ペア フリーカップ コップ タンブラー お茶 ビール 吉田屋/木米 和食器 日本製 ギフト おうち ごはん うつわ 陶器

白いごはん器のお店ライスボール

4,950

九谷焼 2個セット ペア フリーカップ コップ タンブラー お茶 ビール 吉田屋/木米 和食器 日本製 ギフト おうち ごはん うつわ 陶器

83×112mmカラフル色絵和食器のナンバー1 ダンシングカラー色彩の和食器九谷焼です。 九谷焼の伝統的なデザイン、九谷五彩(赤・黄・緑・ 紫・紺青)の色鮮やかさを愛らしいサイズに納めた 日常使いできる九谷焼が誕生しました。 カラフルな色合いでテーブルのアクセントになりますよ♪ 父の日・母の日・敬老の日・お誕生日のプレゼント他 各種贈り物としてもどうぞ! 海外へのお土産や、記念品としてもお勧めです。 安心安全の日本製です! 【お取り寄せ商品】 ご注文後発注いたします。 お届け日ご指定のお約束はできかねます。 他の商品とまとめて発送となります。 欠品の場合はメールでご連絡させていただきます。 【サイズ(約)】83×112mm 【素材】 陶磁器 【原産国】 日本製 【その他】 ○ 食器洗浄機OK ○ オーブンOK ○ 電子レンジOK ※簡易梱包 【お取り寄せ商品】 ご注文後発注いたします。 お届け日ご指定のお約束はできかねます。 他の商品とまとめて発送となります。 欠品の場合はメールでご連絡させていただきます。 【ギフトラッピング・熨斗】 有料サービスとなります。ご希望の際は商品と一緒にご購入下さい。 ご購入ページはこちら。

送料無料
九谷焼【お茶の間セット】大 木米【裏絵】

Amazon

15,120

九谷焼【お茶の間セット】大 木米【裏絵】

九谷焼のお洒落でちょっと便利な急須セットです。 中国の唐子の遊ぶ図の手描きでの木米写しです。 お二人の時に急須1杯でちょうどお湯呑に1杯ずつ入ります。 手描きでお伝えできる魅力を最大限にいかし遊び心と便利性にも反映いたしました。 急須は中国の唐子の遊ぶ図の手描きでの木米写しです。 茶漉しが奥まで付いておりちょっと一口いただくときも大変便利です。 蓋裏に幸福の『打ち出の小槌』付です。絵柄の中にハートが隠れています。 お湯呑は大小の夫婦サイズです。 男性様女性様それぞれの手ぴったりサイズで共に違和感無くお持ちいただける重量です。 裏返し乾燥時まで木米柄が楽しめる『裏絵』は急須お湯呑共にに入っております。 ご使用後の水切りの時も木米柄が楽しめます。上から下まで手抜き無く絵付けしてあります。 温かみある風合いで保温性に優れる陶器です。高台ザラつかない加工済みです。 『製品サイズ等』 急須 直径14.2×高さ9.5cm 容量350ml 重量350g前後 お湯呑大 直径7.1×高さ8.2cm 容量180ml 重量210g前後 お湯呑小 直径6.8×高さ7.9cm 容量170ml 重量165g前後 梱包形態:化粧箱 ご注意:食器洗い乾燥機の使用は光沢度が下がりますので手洗いをお勧めしております。 発送元:石川県能美市寺井町(九谷焼の町) どこにもない百華園オリジナル製品です。 百華園は急須で3回、石川ブランド認定製品受賞店です。(県庁発行)

送料無料
○藍九谷花文皿○江戸前期-木製箱付-無傷-九谷焼(古九谷)-染付-【古美術】【骨董】【中古】【送料無料】

三浦古美術WEB

100,000

○藍九谷花文皿○江戸前期-木製箱付-無傷-九谷焼(古九谷)-染付-【古美術】【骨董】【中古】【送料無料】

【smtb-ms】〇藍九谷花文皿〇江戸前期 商品情報 商品名 藍九谷花文皿【古美術・骨董品】 時代 江戸前期 材質 磁器 焼物 九谷焼(古九谷) 種類 藍九谷-染付・花文 形 皿 高さ 3cm 幅 21cm 状態 完品 傷 無傷 *傷表記のあるものは傷部分の写真に赤い矢印等で印をしています。写真をよくご確認下さい *傷の名称は 〇骨董傷用語〇でご確認ください 付属品 木製箱付 数 現品限り 商品詳細 【九谷焼/くたにやき】 石川県金沢市などで生産されている磁器。 1655年頃に大聖寺藩の九谷村で創業、その50年後に廃窯する。この頃のものを「古九谷」と呼ぶ。 17世紀、、良質の陶石が発見されたのを機に、大聖寺藩士の後藤才次郎を有田へ赴かせ、 帰藩後に藩の政策として焼成が始まる。藩前田家の豊かな財力で全国から著名な職人、 画家、学者、茶人たちが招かれ、多くの優れた美術工芸品が制作され、 その意匠は大変優雅で豪放華麗なものであった。 古九谷の廃窯から、約一世紀後の1807年に加賀藩が京都から 青木木米を招き金沢の春日山に春日山窯を開かせたのを皮切りに、 数々の窯が加賀地方一帯に立った。これらの窯の製品を「再興九谷」という。 明治時代になると明治政府は国力増強のため、殖産興業・輸出振興策を打ち出し、 1873年のウィーン万国博覧会などの博覧会に出品されると、 その美しい金襴手などの意匠が外国人の趣向と一致し、九谷焼は主要な輸出品となる。 商品の在庫について 当店では実店舗で陳列・販売している商品の一部を掲 載しております。ご注文いただきますタイミングによっては、既に完売や予約済になっている 場合がございます。在庫状況につきましては、 楽天から送られる「自動返信メール」の後に、 当店からお送りする「受注ご案内メール」にて ご確認ください。(...

一輪挿し 花瓶 花入 花器 九谷焼 7号 一輪生 水辺 松浦慎弥 ap4-1015

器茶房 彩庵

5,400

一輪挿し 花瓶 花入 花器 九谷焼 7号 一輪生 水辺 松浦慎弥 ap4-1015

化粧箱入 前幅7.5× 奥行7.5×高さ21cm ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒ 花瓶 一輪挿し 九谷焼 花器 花立 花生九谷焼の一輪挿しは記念品、新築祝いなどご贈答品としても喜ばれています。世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き...

一輪挿し 花瓶 花器 花入 九谷焼 5号 一輪生 ポピー 山近泰 ap4-1019

器茶房 彩庵

7,560

一輪挿し 花瓶 花器 花入 九谷焼 5号 一輪生 ポピー 山近泰 ap4-1019

化粧箱入 前幅15.3×奥行4.7×高さ12.3cm ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒ 花瓶 一輪挿し 九谷焼 花器 花立 花生九谷焼の一輪挿しは記念品、新築祝いなどご贈答品としても喜ばれています。世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き...

送料無料
フラワーベース 花器 九谷焼 7号 花瓶 鶴亀 ap4-1042

器茶房 彩庵

10,800

フラワーベース 花器 九谷焼 7号 花瓶 鶴亀 ap4-1042

化粧箱入 径21×高さ20cm ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒ 花瓶 一輪挿し 九谷焼 花器 花立 花生九谷焼の花瓶は記念品、新築祝いなどご贈答品としても喜ばれています。九谷焼 7号 花瓶 鶴亀 世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き...

送料無料
花器 花入 フラワーベース 九谷焼 9号 花瓶 銀彩 ap4-1035

器茶房 彩庵

12,960

花器 花入 フラワーベース 九谷焼 9号 花瓶 銀彩 ap4-1035

化粧箱入 径15×高さ27.5cm ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒ 花瓶 一輪挿し 九谷焼 花器 花立 花生九谷焼の花瓶は記念品、新築祝いなどご贈答品としても喜ばれています。九谷焼 9号 花瓶 銀彩 世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き...

一輪挿し 花瓶 花器 花入 九谷焼 3.5号 一輪生 吉田屋風八ツ手 ap4-1006

器茶房 彩庵

3,024

一輪挿し 花瓶 花器 花入 九谷焼 3.5号 一輪生 吉田屋風八ツ手 ap4-1006

紙箱入 径8×高さ10.5cm ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒ 花瓶 一輪挿し 九谷焼 花器 花立 花生九谷焼の一輪挿しは記念品、新築祝いなどご贈答品としても喜ばれています。世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き...

送料無料
九谷焼 15号 傘立 吉田屋風 ap4-1062

器茶房 彩庵

64,800

九谷焼 15号 傘立 吉田屋風 ap4-1062

紙箱入 径26×高さ45cm ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き、豪快で深い味わいが魅力となっています。 飯田屋(約170年前)赤により綿密に人物を描き、その周りを小紋などで埋め尽くし、所々に金彩を加えてあります...

送料無料
九谷焼 3.5号 香炉 青粒鉄仙 ap4-1312

器茶房 彩庵

16,200

九谷焼 3.5号 香炉 青粒鉄仙 ap4-1312

木箱入 径10cm×高さ10cm ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き、豪快で深い味わいが魅力となっています。 飯田屋(約170年前)赤により綿密に人物を描き、その周りを小紋などで埋め尽くし...

送料無料
九谷焼 2.7号 香炉 神象 山近泰 ap4-1307

器茶房 彩庵

12,960

九谷焼 2.7号 香炉 神象 山近泰 ap4-1307

化粧箱入 径7cm×高さ7cm ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き、豪快で深い味わいが魅力となっています。 飯田屋(約170年前)赤により綿密に人物を描き、その周りを小紋などで埋め尽くし...

送料無料
九谷焼 4号 香炉 本金山水 荒木三郎 ap4-1317

器茶房 彩庵

32,400

九谷焼 4号 香炉 本金山水 荒木三郎 ap4-1317

木箱入 径11.5×高さ12cm ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き、豪快で深い味わいが魅力となっています。 飯田屋(約170年前)赤により綿密に人物を描き、その周りを小紋などで埋め尽くし...

送料無料
九谷焼 4号 香炉 ポピー 山近泰 ap4-1311

器茶房 彩庵

16,200

九谷焼 4号 香炉 ポピー 山近泰 ap4-1311

木箱入 径10×高さ12cm ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き、豪快で深い味わいが魅力となっています。 飯田屋(約170年前)赤により綿密に人物を描き、その周りを小紋などで埋め尽くし、所々に金彩を加えてあります...

九谷焼 3号 香炉 白粒鉄仙 ap4-1302

器茶房 彩庵

8,640

九谷焼 3号 香炉 白粒鉄仙 ap4-1302

木箱入 径7.5cm×高さ9cm ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き、豪快で深い味わいが魅力となっています。 飯田屋(約170年前)赤により綿密に人物を描き、その周りを小紋などで埋め尽くし...

送料無料
九谷焼 3号 香炉 古九谷風 ap4-1303

器茶房 彩庵

10,800

九谷焼 3号 香炉 古九谷風 ap4-1303

木箱入 径7.5cm×高さ9cm 花台付 ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き、豪快で深い味わいが魅力となっています。 飯田屋(約170年前)赤により綿密に人物を描き、その周りを小紋などで埋め尽くし...

送料無料
九谷焼 香炉 本金青粒 龍山 ap4-1319

器茶房 彩庵

59,400

九谷焼 香炉 本金青粒 龍山 ap4-1319

木箱入 径10×高さ13.5cm ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き、豪快で深い味わいが魅力となっています。 飯田屋(約170年前)赤により綿密に人物を描き、その周りを小紋などで埋め尽くし...

スポンサーリンク
スポンサーリンク