メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「釉掛け」検索結果。

釉掛けの商品検索結果全200件中1~60件目

送料無料
吉田美統 九谷焼4号香炉 釉裏金彩牡丹文K5-2006

九谷陶芸 北山堂 楽天市場店

518,400

送料無料

吉田美統 九谷焼4号香炉 釉裏金彩牡丹文K5-2006

九谷焼作家:吉田美統(錦山窯 三代目) 2001年国指定重要無形文化財保持者(人間国宝) 九谷焼金ラベル(素地:石川県産、加飾:九谷焼産地) 素材:磁器 サイズ:直径11.5cm×高さ12.5cm 箱:桐箱紐通し 九谷焼伝統技法の中でも、錦山窯は特に金彩の技法に秀でており、金襴手、釉裏金彩、色絵金彩など、代々金を使った絵付を特徴としてきました。 その錦山窯三代目吉田美統は「釉裏金彩」の技術を高め、国指定重要無形文化財保持者(人間国宝)の認定を受けています。 現在、九谷焼で唯一の国指定重要無形文化財(人間国宝)であられる吉田美統先生の釉裏金彩の香炉です。 薄い金箔を一枚、一枚丁寧に貼り合わせ独特な文様を醸し出す「釉裏金彩」。 磁器の素地に、九谷色絵の上絵具を掛け、本焼して地色を作り、その上に文様に切った金箔を貼り焼き付け、さらに透明釉を掛けて焼き上げる高度な技法です。 金箔の扱い方等に創意工夫が加えられたその技法は、金彩の新たなる可能性を切り開きました。 光の反射により、金が浮かび上がるような独特な光彩を楽しませてくれます。 この香炉も、厚さの異なった金箔によって美しく牡丹が仕上げられています。 人間国宝吉田美統らしい豪華な逸品です。 ※限定品のため、数に限りがございます。

【ベルメゾン】ガラス釉鉢 萩焼 天龍窯

ベルメゾンネット

3,240

【ベルメゾン】ガラス釉鉢 萩焼 天龍窯

中心にひろがるガラス釉が目を引く鉢。萩焼ならではの陶土の質感と白い釉薬はそのままに、中心に溜まった綺麗なガラス層。これは、色ガラスの粉末を釉薬にしたガラス釉。通常の釉薬と同じように貫入が入り、宝石のようにキラキラとした、綺麗な仕上がりです。この鉢は、日常使いのうつわにぴったり。お刺身などを盛りつけると、一気にいつもの料理がランクアップします。ソライロはすっきりと、モモイロはやさしく食べ物を彩ります。ひとつひとつ手作りでつくられているこのうつわ。ギフトにもおすすめです。【萩焼】古くから「一楽二萩三唐津」と謳われるほど、茶人好みの器を焼いてきたことで知られる焼き物。萩焼の最大の特徴は原料に用いられる陶土とそれに混ぜる釉薬の具合によって生じる「貫入」といって、器の表面を覆うように掛けられた釉薬が焼成とともに溶け、温度が冷め固まるとことによってひび割れた状態になることです。さらに、使い込むことによってお茶やお酒などの色素が溜まり、色の変化が生じます。このように、年月をかけながら楽しむ色の変化は、「萩の七化け」と謳われています。また萩焼は、焼き締まりの少ない陶土を用いた、独特の柔らかな風合いがあります。手に持ったときの味わい深さや柔らかさも、萩焼の魅力のひとつです。【バイヤーおすすめコメント】食器の担当として、数々の焼き物を見てきましたが、ガラス釉の萩焼は、私が是非おすすめしたい大好きなうつわのひとつです。私自身、萩焼は、渋いイメージを持っていましたが、一度、萩を訪れた際、販売されていたガラス釉のうつわが本当に綺麗で、ぜひお客様にもお届けしたいと思いました。今回は萩焼の窯元様にお声掛けし、販売することができるようになりました。商品が届いた時も、綺麗さのあまりじーっと見つめていたほどです。手に持ったときの感触もやわらかくぬくもりがあって...

送料無料
○古唐津掛け釉四耳壺○江戸中期-無傷-唐津焼-古美術骨董品【中古】【送料無料】

三浦古美術WEB

80,000

送料無料

○古唐津掛け釉四耳壺○江戸中期-無傷-唐津焼-古美術骨董品【中古】【送料無料】

商品詳細 時代 江戸中期 材質 陶器 焼物 唐津焼(古唐津) 種類 掛け釉 形 四耳壺 高さ 29.2cm 幅(直径) 26cm 傷 無傷〇骨董傷用語〇 付属品 なし 数 現品限り 備考 ※『商品の在庫について 』 当店では実店舗で陳列・販売している商品の一部を掲載しております。ご注文いただきますタイミングによっては、既に完売や予約済になっている場合がございます。在庫状況につきましては、楽天から送られる「自動返信メール」の後に、当店からお送りする「受注ご案内メール」にてご確認ください。( 在庫がない場合は後程ご連絡させて頂きます。また、状況次第では注文がキャンセルとなる場合がございますのでご了承下さい。) ※『画像の色合について』 できるだけ実物に近くなるように努めておりますが、お使いのパソコンやモニターの環境や設定、光の加減等により若干違う場合ががあります。 ご理解の上ご注文くださいませ。 気になる方はお気軽にお問い合わせ下さいませ。 ※『画像のサイズについて』 商品の実際の大きさにあわせておりません。 非常に大きい品物は小さく、小さい品物は見やすいよう実寸より拡大して表示しています。ほとんどの商品にサイズ表記と、画像の下部に携帯電話とのサイズ比較したものを掲載しておりますのでご参考下さいませ。 【smtb-ms】 トップページへ戻る 新入荷商品へ〇古唐津掛け釉四耳壺〇江戸中期 江戸中期の古唐津掛け釉四耳壺 【唐津焼/からつやき】 創業は桃山時代末期頃で、現在の佐賀県東部・長崎県北部で焼造された陶器の総称。 桃山時代から江戸初期かけて茶道具は名品とされ、特に茶碗は「一楽二萩三唐津」と称されている。 日常雑器から茶器までさまざまな器種があり、窯により作風・技法も多岐にわたる。 焼物の種類が多くあり、絵唐津・朝鮮唐津・斑唐津...

【ベルメゾン】ガラス釉飯椀 萩焼 天龍窯

ベルメゾンネット

1,512

【ベルメゾン】ガラス釉飯椀 萩焼 天龍窯

ぽてっと丸みを帯びたフォルムが可愛い飯椀。萩焼ならではの陶土の質感と白い釉薬はそのままに、中心に溜まった綺麗なガラス層が目を引きます。これは、色ガラスの粉末を釉薬にしたガラス釉。通常の釉薬と同じように貫入が入り、宝石のようにキラキラとした、綺麗な仕上がりです。飯椀は立ち上がりがあるため、より濃く中心にガラス釉が溜まっています。シンプルな立ち上がりで、扱いやすいサイズと形状です。ひとつひとつ、手作りで作られています。飯椀としてはもちろんですが、このガラス釉と白い釉薬の質感が、アイスなどのデザートもステキに演出してくれます。ギフトにもおすすめです。【萩焼】古くから「一楽二萩三唐津」と謳われるほど、茶人好みの器を焼いてきたことで知られる焼き物。萩焼の最大の特徴は原料に用いられる陶土とそれに混ぜる釉薬の具合によって生じる「貫入」といって、器の表面を覆うように掛けられた釉薬が焼成とともに溶け、温度が冷め固まるとことによってひび割れた状態になることです。さらに、使い込むことによってお茶やお酒などの色素が溜まり、色の変化が生じます。このように、年月をかけながら楽しむ色の変化は、「萩の七化け」と謳われています。また萩焼は、焼き締まりの少ない陶土を用いた、独特の柔らかな風合いがあります。手に持ったときの味わい深さや柔らかさも、萩焼の魅力のひとつです。【バイヤーおすすめコメント】食器の担当として、数々の焼き物を見てきましたが、萩焼のガラス釉のうつわは、私が大好きなうつわのひとつで、是非おすすめしたい食器です。私自身、萩焼は、渋いイメージを持っていましたが、一度旅行で萩を訪れた際、そこで販売されていたガラス釉のうつわが本当に綺麗で、ぜひベルメゾンのお客様にもお届けしたいと思いました。今回は萩焼の窯元様にお声掛けし、販売することができるようになりました...

【ベルメゾン】ガラス釉たわみ小鉢 萩焼 天龍窯

ベルメゾンネット

1,620

【ベルメゾン】ガラス釉たわみ小鉢 萩焼 天龍窯

ぽてっと丸みを帯びたフォルムが可愛いたわみ小鉢。萩焼ならではの陶土の質感と白い釉薬はそのままに、中心に溜まった綺麗なガラス層が目を引きます。これは、色ガラスの粉末を釉薬にしたガラス釉。通常の釉薬と同じように貫入が入り、宝石のようにキラキラとした、綺麗な仕上がりです。たわみ小鉢は、日常使いのうつわにぴったり。煮物やおひたしのほか、あんみつやアイス、羊羹などを入れても様になります。ソライロはすっきりと、モモイロはやさしく食べ物を彩ります。使いやすいサイズ感と高低差のついたたわみのフォルムは、手作りならでは。丁寧な手仕事が感じられます。ギフトにもおすすめ。【萩焼】古くから「一楽二萩三唐津」と謳われるほど、茶人好みの器を焼いてきたことで知られる焼き物。萩焼の最大の特徴は原料に用いられる陶土とそれに混ぜる釉薬の具合によって生じる「貫入」といって、器の表面を覆うように掛けられた釉薬が焼成とともに溶け、温度が冷め固まるとことによってひび割れた状態になることです。さらに、使い込むことによってお茶やお酒などの色素が溜まり、色の変化が生じます。このように、年月をかけながら楽しむ色の変化は、「萩の七化け」と謳われています。また萩焼は、焼き締まりの少ない陶土を用いた、独特の柔らかな風合いがあります。手に持ったときの味わい深さや柔らかさも、萩焼の魅力のひとつです。【バイヤーおすすめコメント】食器の担当として、数々の焼き物を見てきましたが、ガラス釉の萩焼は、私が是非おすすめしたい大好きなうつわのひとつです。私自身、萩焼は、渋いイメージを持っていましたが、一度萩を訪れた際、販売されていたガラス釉のうつわが本当に綺麗で、ぜひお客様にもお届けしたいと思いました。今回は萩焼の窯元様にお声掛けし、販売することができるようになりました。商品が届いた時も...

【ベルメゾン】ガラス釉カップ&ソーサー 萩焼 天龍窯

ベルメゾンネット

2,160

【ベルメゾン】ガラス釉カップ&ソーサー 萩焼 天龍窯

ぽてっと丸みを帯びたフォルムが可愛いカップと、ソーサーづかいはもちろん、ケーキ皿などにも使えるサイズのプレートのセット。萩焼ならではの陶土の質感と白い釉薬はそのままに、中心に溜まった綺麗なガラス層が目を引きます。これは、色ガラスの粉末を釉薬にしたガラス釉。通常の釉薬と同じように貫入が入り、宝石のようにキラキラとした、綺麗な仕上がりです。カップは口当たり良くわずかに内側に入った設計。ひとつひとつ、手作りで作られています。ぬくもりのある萩焼で、ティータイムを楽しんでください。ギフトにもおすすめです。【萩焼】古くから「一楽二萩三唐津」と謳われるほど、茶人好みの器を焼いてきたことで知られる焼き物。萩焼の最大の特徴は原料に用いられる陶土とそれに混ぜる釉薬の具合によって生じる「貫入」といって、器の表面を覆うように掛けられた釉薬が焼成とともに溶け、温度が冷め固まるとことによってひび割れた状態になることです。さらに、使い込むことによってお茶やお酒などの色素が溜まり、色の変化が生じます。このように、年月をかけながら楽しむ色の変化は、「萩の七化け」と謳われています。また萩焼は、焼き締まりの少ない陶土を用いた、独特の柔らかな風合いがあります。手に持ったときの味わい深さや柔らかさも、萩焼の魅力のひとつです。【バイヤーおすすめコメント】食器の担当として、数々の焼き物を見てきましたが、萩焼のガラス釉のうつわは、私が大好きなうつわのひとつで、是非おすすめしたい食器です。私自身、萩焼は、渋いイメージを持っていましたが、一度旅行で萩を訪れた際、そこで販売されていたガラス釉のうつわが本当に綺麗で、ぜひベルメゾンのお客様にもお届けしたいと思いました。今回は萩焼の窯元様にお声掛けし、販売することができるようになりました。商品が届いた時も...

福茂瑠璃釉長方鉢

BONSAI 彩都 楽天市場店

18,000

福茂瑠璃釉長方鉢

左右8.5cm奥行7cm高3.5cm 商品説明 日本を代表するオートレーサーとして活躍する傍らで、樹鉢づくりを趣味として作陶と続けた福田茂。東福寺の発色・窯変に憧れ、それを追い求めた作品はプロ、愛好家からの評価は非常に高く、現代の名工と言っても過言ではない。ここに紹介する作品は福田氏本人がその出来映えに納得し、自宅に保管、使用していた作品です。元々希少な福茂鉢ですが、今後は年齢などの関係で作陶する数も大幅に少なくなるため、益々希少価値は高まるでしょう。この機会にぜひ入手頂きたい。 小鉢でも大きめ、あるいは中品鉢などを多く手掛ける福茂でこのミニサイズの小鉢は珍しい。厚掛けされた瑠璃釉の色調の微妙な変化が美しい景色を成しています。格調高い鉢型も魅力。落款:福茂 作家プロフィール 武州庵福茂(ぶしゅうあんふくしげ)本名/福田 茂 1950年12月生まれ 日本のトップ・オートレーサーとして活躍。20代よりさつきを愛好し、他の樹種にも手を広げ、盆栽の業界を盛り上げる著名愛好家となる。 しかし、福田氏はそれだけに終わらず、独学で鉢づくり、特に釉薬を徹底的に勉強し、本格的な工房まで持つようになる。 福田氏の作陶へのこだわりは最初から釉薬にあり、特に窯変を絶対視した。電気窯でありながら、あの東福寺を彷彿させる緑釉・広東釉・織部釉の研究に徹底した。二度掛け、三度掛け、吹き付け等の技巧に、京都から取り寄せた釉薬を駆使してようやく出せた釉色・発色は東福寺鉢のそれに劣らず、高い評価を得ている。 ※当店では実店舗での販売も行っているため、在庫の反映がリアルタイムではなく売り切れている場合があります。その場合は、申し訳ございませんがキャンセルさせていただくことをご了承下さい。武州庵福茂 東福寺の色彩に魅せられ、それを追い求めた現代の名工

福茂辰砂釉長方鉢

BONSAI 彩都 楽天市場店

16,000

福茂辰砂釉長方鉢

左右7.5cm奥行6.5cm高3.5cm 商品説明 日本を代表するオートレーサーとして活躍する傍らで、樹鉢づくりを趣味として作陶と続けた福田茂。東福寺の発色・窯変に憧れ、それを追い求めた作品はプロ、愛好家からの評価は非常に高く、現代の名工と言っても過言ではない。ここに紹介する作品は福田氏本人がその出来映えに納得し、自宅に保管、使用していた作品です。元々希少な福茂鉢ですが、今後は年齢などの関係で作陶する数も大幅に少なくなるため、益々希少価値は高まるでしょう。この機会にぜひ入手頂きたい。 小鉢でも大きめ、あるいは中品鉢などを多く手掛ける福茂でこのミニサイズの小鉢は珍しい。辰砂釉の二度掛けだろうか。発色の変化が面白い作品。格調高い鉢型も魅力。落款:福茂 作家プロフィール 武州庵福茂(ぶしゅうあんふくしげ)本名/福田 茂 1950年12月生まれ 日本のトップ・オートレーサーとして活躍。20代よりさつきを愛好し、他の樹種にも手を広げ、盆栽の業界を盛り上げる著名愛好家となる。 しかし、福田氏はそれだけに終わらず、独学で鉢づくり、特に釉薬を徹底的に勉強し、本格的な工房まで持つようになる。 福田氏の作陶へのこだわりは最初から釉薬にあり、特に窯変を絶対視した。電気窯でありながら、あの東福寺を彷彿させる緑釉・広東釉・織部釉の研究に徹底した。二度掛け、三度掛け、吹き付け等の技巧に、京都から取り寄せた釉薬を駆使してようやく出せた釉色・発色は東福寺鉢のそれに劣らず、高い評価を得ている。 ※当店では実店舗での販売も行っているため、在庫の反映がリアルタイムではなく売り切れている場合があります。その場合は、申し訳ございませんがキャンセルさせていただくことをご了承下さい。武州庵福茂 東福寺の色彩に魅せられ、それを追い求めた現代の名工

送料無料
gyus-8 鳴海織部 夫婦丸湯のみ 薪窯焼成 送料無料 木箱付き

Amazon

27,000

送料無料

gyus-8 鳴海織部 夫婦丸湯のみ 薪窯焼成 送料無料 木箱付き

鳴海織部夫婦湯のみ 文部大臣奨励賞受賞 陶芸家 荒川 明作 ▲正面 薪窯焼成 志野、織部釉の色の対比が大胆 『鳴海織部』とは? 織部釉の緑と志野釉の白い色が美しい! 薪窯にて焼成。織部釉薬は奥山の薪窯でできた木灰でつくりました。 志野釉薬のかいらぎ志野釉(白色)の割れ(かいらぎ)が魅力的で、変化ある色相は見る人を楽しませます。 美味しい冷酒でぐいのみを眺めながら旬のおつまみを頂き、 至福のひとときをお過ごし下さい。 長年、土と釉と焼成の研究を行ってまいりましたが 桃山時代の鳴海織部に魅力を感じ茶碗から造りはじめました。白土に赤土で変化をつけ、そこに大胆に鬼板にて文様を描いた後、 素焼きをします。釉薬は奥山の薪窯でできた木灰で織部と 平津長石の志野釉を半分づつ掛けますが、非常に難しい技です。茶碗、水指、大皿、大壷、日用食器なども製作しております。 荒川明の作品は薪窯焼成の作品がとても多いです。 『薪窯焼成』のこだわり 電気窯 灯油窯 ガス窯 もありますが、 作品の焼き上がり(陶芸用語で景色)の変化が楽しめます。 釉薬(色つけ)で電気でないとだめとかがありますが、 全体的に釉薬物(色付け)の作品も薪の煙、ヤニが作品に付き面白い作品が焼き上がります

送料無料
fyu-3 鳴海織部丸湯のみ 薪窯焼成  退職祝い 還暦祝い!送料無料 木箱付き

Amazon

16,200

送料無料

fyu-3 鳴海織部丸湯のみ 薪窯焼成 退職祝い 還暦祝い!送料無料 木箱付き

鳴海織部夫婦湯のみ 文部大臣奨励賞受賞 陶芸家 荒川 明作 ▲正面 薪窯焼成 志野、織部釉の色の対比が大胆 『鳴海織部』とは? 織部釉の緑と志野釉の白い色が美しい! 薪窯にて焼成。織部釉薬は奥山の薪窯でできた木灰でつくりました。 志野釉薬のかいらぎ志野釉(白色)の割れ(かいらぎ)が魅力的で、変化ある色相は見る人を楽しませます。 美味しい冷酒でぐいのみを眺めながら旬のおつまみを頂き、 至福のひとときをお過ごし下さい。 長年、土と釉と焼成の研究を行ってまいりましたが 桃山時代の鳴海織部に魅力を感じ茶碗から造りはじめました。白土に赤土で変化をつけ、そこに大胆に鬼板にて文様を描いた後、 素焼きをします。釉薬は奥山の薪窯でできた木灰で織部と 平津長石の志野釉を半分づつ掛けますが、非常に難しい技です。茶碗、水指、大皿、大壷、日用食器なども製作しております。 荒川明の作品は薪窯焼成の作品がとても多いです。 『薪窯焼成』のこだわり 電気窯 灯油窯 ガス窯 もありますが、 作品の焼き上がり(陶芸用語で景色)の変化が楽しめます。 釉薬(色つけ)で電気でないとだめとかがありますが、 全体的に釉薬物(色付け)の作品も薪の煙、ヤニが作品に付き面白い作品が焼き上がります

天目釉 1kg 天然灰 窯変釉薬(粉末釉薬)

陶芸.com/e-画材.com 楽天市場店

1,922

天目釉 1kg 天然灰 窯変釉薬(粉末釉薬)

推奨焼成温度・・1280℃ 釉掛量目安・・・厚め(0.7mm~0.8mm厚を普通として) 焼成適性・・・・酸化・還元 特徴・・・・・・黒色の代表的な釉薬です。 水添加量目安・・800~1000cc(釉薬1kgに対して)「天目釉・天然灰」は通常メッシュに通す必要はなく、そのままドブ付け等で掛けて問題ありません。コンプレッサーを使用する場合のみ、30メッシュのふるいに通して下さい。天然灰窯変釉薬シリーズは、伊勢久製の釉薬の中でも上級者向けです。 最近の釉薬は、初心者の方でも濃い目に発色するように調整されたものが多くなっておりますが、このシリーズは釉薬に関する基礎知識や、焼成に関する深いを知識を持った方が、諸条件を合わせて使えば他では得られない、奥行きと味わい深い作品を得ることができます。 初級~中級者には扱いが難しく、失敗が多くなりますので、御了解の上で御購入下さい。 この釉薬は天然土灰・ワラ灰・イス灰に長石・陶石を加えて調合してあり、自然灰ならではの特性を持っています。 熔融範囲が広く、酸性炎・還元炎及び中性炎の違いによって、それぞれ温雅な発色をします。 構成成分の粒子が不揃いのケースがありますので、必ず乳鉢かポットミルで良く擦ってからご使用下さい。 テスト焼成で御自分のお好みの釉調になる諸条件を試みた上で、本焼きにご利用下さい。

送料無料
中国国家博物馆 スカーフ 靑い蓮の花 中国宋代

Amazon

19,000

送料無料

中国国家博物馆 スカーフ 靑い蓮の花 中国宋代

元代の陶磁史において特筆すべきことは、青花、すなわち白地に青の文様を表した磁器の隆盛である。青花は「青い文様」の意で、英語では「ブルー・アンド・ホワイト」、日本語では「染付」と称される。青花は釉下彩の一種であり、成形した器をいったん素焼きしてから、酸化コバルトを含む顔料で器面に絵や文様を描く。その上から透明釉を掛けて高火度で還元焼成すると、顔料は青色に発色する。元代には西アジアから輸入されたコバルト顔料が使用されたことが分析結果から判明しており、この顔料を中国では「回青」または「回回青」(「イスラム圏の青」の意)、日本語では呉須という。釉下彩の技法は、すでに唐時代の長沙窯に先例があるが、宋時代には中国陶磁の主要な技法とはなっていなかった。釉下彩磁が盛んになるのは元時代の景徳鎮窯からである。 元の国号が定められたのは1271年であるが、陶磁器の作風に関しては、しばらくは大きな変化がなく、南宋ならびに金の陶磁の延長であった。元時代特有の陶磁が現れるのは14世紀、1300年代に入ってからである。年代の押さえられる初期作品としては、延祐5年(1318年)の無名氏墓(江西省九江市)から出土した青花塔形瓶が指標となる。ロンドンのデイヴィッド財団蔵の至正11年(1351年)銘の青花龍文象耳瓶一対は世界的に知られる名品であり、元代青花の編年の基準作例となった。

送料無料
吉田美統 九谷焼7号花瓶 釉裏金彩牡丹文K5-2005

九谷陶芸 北山堂 楽天市場店

410,400

送料無料

吉田美統 九谷焼7号花瓶 釉裏金彩牡丹文K5-2005

九谷焼作家:吉田美統(錦山窯 三代目) 2001年国指定重要無形文化財保持者(人間国宝) 九谷焼金ラベル(素地:石川県産、加飾:九谷焼産地) 素材:磁器 サイズ:直径21.0cm×高さ21.5cm 箱:桐箱紐通し 九谷焼伝統技法の中でも、錦山窯は特に金彩の技法に秀でており、金襴手、釉裏金彩、色絵金彩など、代々金を使った絵付を特徴としてきました。 その錦山窯三代目吉田美統は「釉裏金彩」の技術を高め、国指定重要無形文化財保持者(人間国宝)の認定を受けています。 現在、九谷焼で唯一の国指定重要無形文化財(人間国宝)であられる吉田美統先生の釉裏金彩の花瓶です。 薄い金箔を一枚、一枚丁寧に貼り合わせ独特な文様を醸し出す「釉裏金彩」。 磁器の素地に、九谷色絵の上絵具を掛け、本焼して地色を作り、その上に文様に切った金箔を貼り焼き付け、さらに透明釉を掛けて焼き上げる高度な技法です。 金箔の扱い方等に創意工夫が加えられたその技法は、金彩の新たなる可能性を切り開きました。 光の反射により、金が浮かび上がるような独特な光彩を楽しませてくれます。 この花瓶も、厚さの異なった金箔によって美しく牡丹が仕上げられています。 人間国宝吉田美統らしい豪華な逸品です。 ※限定品のため、数に限りがございます。

送料無料
gyu-7 志野焼 湯のみ 湯呑 ギフト 荒川 明作 【文部大臣奨励賞受賞】 送料無料 無料ラッピング承ります ギフト 還暦祝い 定年 退職祝い 結婚祝い 誕生日 クリスマスプレゼント...

Amazon

16,200

送料無料

gyu-7 志野焼 湯のみ 湯呑 ギフト 荒川 明作 【文部大臣奨励賞受賞】 送料無料 無料ラッピング承ります ギフト 還暦祝い 定年 退職祝い 結婚祝い 誕生日 クリスマスプレゼント...

『焼締志野』とは? 志野焼きは現在では一般的にガス窯が良いとされています。 私も灯油窯、ガス窯で還元焼成で今までやってまいりましたが ここ2~3年薪窯で焼成するようになりました。 最近は特に生鬼板を下掛し、素焼き後、志野釉の薄い釉、 濃い釉を掛分け又わざと土肌を残し、そこが薪窯で焼成する事により 火色(茶色)が出る事を意識的にやる事にして鼠色、白、火色の 入り混じった志野を焼き締め志野と名付けました。 そのため、もぐさ土原土から石を取り除き石臼で杵でつき粘りを出して、 そのまま使ったり、他の土とブレンドしたりし土味を大切にしております。 特に裏側の火色が魅力的です。 土味、そして鬼板を掛けたところの変化、志野釉の雪のような白 美しい火色が対比して大胆で美しい焼き志野志野を作りだしました。 志野焼は窯から出した時、釉薬にヒビが入ります。 (陶芸用語で貫入といいます。) 貫入に浸み込み少しずつ変化していきます。 (景色が変わる) 焼物の場合は焼き上がった時が1番悪い状態で 使って使い込んで どのように変化をするか楽しみながら、景色のよい焼物を造り上げて 極上の作品にして下さい。(陶芸用語で景色を楽しむと言います) 志野を薪窯にて赤松と雑木を3昼夜焼成の珍しいぐいのみです。 美しさの中に大胆な景色の出る焼き物で同じ作品は2度と出来ません。

送料無料
gyu-14 陶芸作家 荒川明作『志野焼 鼠志野 湯のみ』木箱付き こだわりのギフト、還暦祝いなどの贈り物に最適無料ラッピング承ります

Amazon

12,960

送料無料

gyu-14 陶芸作家 荒川明作『志野焼 鼠志野 湯のみ』木箱付き こだわりのギフト、還暦祝いなどの贈り物に最適無料ラッピング承ります

『焼締志野』とは? 志野焼きは現在では一般的にガス窯が良いとされています。 私も灯油窯、ガス窯で還元焼成で今までやってまいりましたが ここ2~3年薪窯で焼成するようになりました。 最近は特に生鬼板を下掛し、素焼き後、志野釉の薄い釉、 濃い釉を掛分け又わざと土肌を残し、そこが薪窯で焼成する事により 火色(茶色)が出る事を意識的にやる事にして鼠色、白、火色の 入り混じった志野を焼き締め志野と名付けました。 そのため、もぐさ土原土から石を取り除き石臼で杵でつき粘りを出して、 そのまま使ったり、他の土とブレンドしたりし土味を大切にしております。 特に裏側の火色が魅力的です。 土味、そして鬼板を掛けたところの変化、志野釉の雪のような白 美しい火色が対比して大胆で美しい焼き志野志野を作りだしました。 志野焼は窯から出した時、釉薬にヒビが入ります。 (陶芸用語で貫入といいます。) 貫入に浸み込み少しずつ変化していきます。(景色が変わる) 焼物の場合は焼き上がった時が1番悪い状態で使って使い込んで どのように変化をするか楽しみながら、景色のよい焼物を造り上げて 極上の作品にして下さい。(陶芸用語で景色を楽しむと言います) 志野を薪窯にて赤松と雑木を3昼夜焼成の珍しいぐいのみです。 美しさの中に大胆な景色の出る焼き物で同じ作品は2度と出来ません。

送料無料
吉田美統 九谷焼8号花瓶 釉裏金彩芙蓉文K5-2007

九谷陶芸 北山堂 楽天市場店

302,400

送料無料

吉田美統 九谷焼8号花瓶 釉裏金彩芙蓉文K5-2007

九谷焼作家:吉田美統(錦山窯 三代目) 2001年国指定重要無形文化財保持者(人間国宝) 九谷焼金ラベル(素地:石川県産、加飾:九谷焼産地) 素材:磁器 サイズ:直径12.5cm×高さ26.5cm 箱:桐箱紐通し 九谷焼伝統技法の中でも、錦山窯は特に金彩の技法に秀でており、金襴手、釉裏金彩、色絵金彩など、代々金を使った絵付を特徴としてきました。 その錦山窯三代目吉田美統は「釉裏金彩」の技術を高め、国指定重要無形文化財保持者(人間国宝)の認定を受けています。 現在、九谷焼で唯一の国指定重要無形文化財(人間国宝)であられる吉田美統先生の釉裏金彩の花瓶です。 薄い金箔を一枚、一枚丁寧に貼り合わせ独特な文様を醸し出す「釉裏金彩」。 磁器の素地に、九谷色絵の上絵具を掛け、本焼して地色を作り、その上に文様に切った金箔を貼り焼き付け、さらに透明釉を掛けて焼き上げる高度な技法です。 金箔の扱い方等に創意工夫が加えられたその技法は、金彩の新たなる可能性を切り開きました。 光の反射により、金が浮かび上がるような独特な光彩を楽しませてくれます。 この花瓶も、厚さの異なった金箔によって美しく芙蓉が仕上げられています。 人間国宝吉田美統らしい豪華な逸品です。 ※限定品のため、数に限りがございます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク