メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「gevrey-chambertin」検索結果。

gevrey-chambertinの商品検索結果全1,424件中1~60件目

ジュヴレ・シャンベルタン [2014] Gevrey-Chambertin

ハモニカ横丁

9,202

ジュヴレ・シャンベルタン [2014] Gevrey-Chambertin

■ジュヴレ・シャンベルタン9つのグラン・クリュ■ (1) シャンベルタン/Chambertin (2) シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ/Chambertin-Clos de Beze (3) マジ・シャンベルタン/Mazis-Chambertin (4) リュショット・シャンベルタン/Ruchottes-Chambertin (5) ラトリシエール・シャンベルタン/Latricieres-Chambertin (6) シャルム・シャンベルタン/Chambertin (7) マゾワイエール・シャンベルタン/Mazoyeres-Chambertin (8) シャペル・シャンベルタン/Chapelle-Chambertin (9) グリオット・シャンベルタン/Griotte-Chambertin フィサンの南隣にブロション(Bro-Chon)村がある。 ここのワインは村名のAOCがなく、コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ (Cote de Nuits-Villages)または、ブルゴーニュ(Bourgogne)の AOCとなっている。このブロション村の南隣にジュヴレ(Gevrey)村がある。 865年にこの村がサン・ベニーニュ僧院(Abbaye de St. Benigne)へ寄進された との記事が『ブルゴーニュ年代記』に見られるが、現在のように、ジュヴレ村という 村名にこの村のなかで最も有名なクリマ(ぶどう園)であるシャンベルタン(Chambertin) の名前を連子符(ハイフン)で繋いで、ジュヴレ・シャンベルタン(Gevrey-Chambertin) と呼ぶようになったのは、1847年以降である。 現在この村は赤ワインのみAOCになっており、ワインは深みのある濃い色で、 ブラックチェリーのアロマがあり、口に含むと豊潤でコクがあり、...

【フランス ブルゴーニュ 赤】ルー・デュモン ジュヴレ・シャンベルタン 2007Lou Dumont Gevrey Chambertin 2007

自然派ワイン フルッタ

6,372

【フランス ブルゴーニュ 赤】ルー・デュモン ジュヴレ・シャンベルタン 2007Lou Dumont Gevrey Chambertin 2007

【フランス ブルゴーニュ 赤】ルー・デュモン ジュヴレ・シャンベルタン 2007Lou Dumont Gevrey Chambertin 2007【フランス ブルゴーニュ 赤】ルー・デュモン ジュヴレ・シャンベルタン 2007Lou Dumont Gevrey Chambertin 2007 2000年、日本人醸造家の仲田晃司を中心にニュイ・サン・ジョルジュに設立されたネゴシアン。 2003年メゾンをジュヴレ・シャンベルタンに移転すると同時に彼が同社代表に就任。 2008年には同村に畑、醸造所に併設したカーヴも取得。 アンリ・ジャイエより、「自身のアイデンティティをワインに表現せよ」との薫陶を受けた彼は 「日本人であること」「自然と人間に対する真摯な尊敬の念」の象徴として、「天・地・人」という漢字をあしらったエチケットを採用。 厳選したブドウを購入し、選果から瓶詰めまでの工程を全て自社で行われているのが、「メゾン・ルー・デュモン」。 瓶での買い付けで仕入れられる古酒の中で、コストパフォーマンスに優れていると判断されたものが、「レア・セレクション」。 生産者:メゾン・ルー・デュモン 生産地:France Bourgogne Cote de Nuits Gevrey Chambertin 品種:Pinot Noir (ピノ・ノワール) タイプ:赤 容量:750ml

クロード・デュガジュヴレ・シャンベルタン [2013]Claude Dugat Gevrey Chambertin

マリアージュ・ド・ケイ

12,528

クロード・デュガジュヴレ・シャンベルタン [2013]Claude Dugat Gevrey Chambertin

Vintage 2013年 生産者 クロード・デュガ 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml「クロード・デュガ」 ジュヴレ・シャンベルタンの トップドメーヌとして名高い、クロード・デュガ クロード・デュガはジュヴレ・シャンベルタンのトップドメーヌです。 1980年から2009年までで、ロバート・パーカーが100点満点を付けた ブルゴーニュの赤ワインは、ロマネ・コンティやルロワの ラトリシエール・シャンベルタンなどたった5本しかありません。実はその内の1本がクロード・デュガの造る、1993年グリオット・シャンベルタンなのです。 クロード・デュガはジュヴレ・シャンベルタン村で6代に亘り家族経営でワインを生産しています。1977年から父モーリスが自家元詰を始めました。クロード・デュガの名の下で詰め始めたのは1991年になります。 ワインは、あくまで自然なワイン造りを目指しています。化学肥料を与えず、岩草や海草を畑に与えます。 これは肥料というよりは、土壌を刺激するためで、これによりテロワールの個性が際立ちます。また、ブドウの樹が病気にかかってもすぐには対処せず、極力自然の治癒力に委ねます。 こうして出来上がるワインは、総じて圧倒的に香り高く凝縮感があり、タンニンは滑らかで非常に長い余韻を持った偉大なワインになります。 現在は3人の子供、レティシア、ベルトラン、ジャンヌも共にワインを造っており、モーリスと共に3世代が生産に関わっています。 ■ 2013テイスティング情報 果実を冷やすのがとても難しかった、一旦冷えても直ぐに上がってしまったとベルトランは述べた。今ヴィンテージはアルコール発酵開始時の自然酵母が非常に活発だった。さらに2013年はグランド...

【フランス ブルゴーニュ 赤】フィリップ・パカレ ジュヴレ・シャンベルタン 2009Philippe Pacalet Gevrey Chambertin 2009

自然派ワイン フルッタ

9,828

【フランス ブルゴーニュ 赤】フィリップ・パカレ ジュヴレ・シャンベルタン 2009Philippe Pacalet Gevrey Chambertin 2009

【フランス ブルゴーニュ 赤】フィリップ・パカレ ジュヴレ・シャンベルタン 2009Philippe Pacalet Gevrey Chambertin 2009【フランス ブルゴーニュ 赤】フィリップ・パカレ ジュヴレ・シャンベルタン 2009Philippe Pacalet Gevrey Chambertin 2009 ボージョレ地方で、代々続く栽培・醸造家の家庭に生まれたフィリップ・パカレ。 甥のマルセル・ラピエールや醸造長を務めたプリューレ・ロックの教えを講じ、2000年に自らのネゴシアンを立ち上げた。 翌年にはファースト・ヴィンテージをリリース。ディジョン大学にて醸造学を学んでいた時に、 ビオディナミ農法の先駆者であるジュール・ショヴェと出会い、その事が彼のワイン造りに大きく影響を与えることとなった。 自然派ワインの代表格としてその名を世界に轟かせたフィリップ・パカレだが、パカレ本人が自ら自然派を名乗ることはなく、 伝統的な本物のブルゴーニュワインを求めた結果がビオディナミ農法に繋がったに過ぎない。 また、ロマネコンティの最高の名誉である「ロマネコンティの醸造長」就任を依頼されたにも関わらず、 あっさりと断ってしまったという有名な逸話がある程、入手困難な造り手の一人として人気を集めている。 生産者:フィリップ パカレ 生産地:France Bourgogne Cote de Nuits Gevrey Chambertin 品種:Pinot Noir (ピノ・ノワール) タイプ:赤 容量:750ml

【フランス ブルゴーニュ 赤】ルー・デュモン ジュヴレ・シャンベルタン 2010Lou Dumont Gevrey Chambertin 2010

自然派ワイン フルッタ

8,402

【フランス ブルゴーニュ 赤】ルー・デュモン ジュヴレ・シャンベルタン 2010Lou Dumont Gevrey Chambertin 2010

【フランス ブルゴーニュ 赤】ルー・デュモン ジュヴレ・シャンベルタン 2010Lou Dumont Gevrey Chambertin 2010【フランス ブルゴーニュ 赤】ルー・デュモン ジュヴレ・シャンベルタン 2010Lou Dumont Gevrey Chambertin 2010 2000年、日本人醸造家の仲田晃司を中心にニュイ・サン・ジョルジュに設立されたネゴシアン。 2003年メゾンをジュヴレ・シャンベルタンに移転すると同時に彼が同社代表に就任。 2008年には同村に畑、醸造所に併設したカーヴも取得。 アンリ・ジャイエより、「自身のアイデンティティをワインに表現せよ」との薫陶を受けた彼は 「日本人であること」「自然と人間に対する真摯な尊敬の念」の象徴として、「天・地・人」という漢字をあしらったエチケットを採用。 厳選したブドウを購入し、選果から瓶詰めまでの工程を全て自社で行われているのが、「メゾン・ルー・デュモン」。 瓶での買い付けで仕入れられる古酒の中で、コストパフォーマンスに優れていると判断されたものが、「レア・セレクション」。 生産者:メゾン・ルー・デュモン 生産地:France Bourgogne Cote de Nuits Gevrey Chambertin 品種:Pinot Noir (ピノ・ノワール) タイプ:赤 容量:750ml

フランスワインジャン・クロード・ボワセジュヴレィ・シャンベルタン 赤 750ml.hnJean Claude Boisset Gevrey-Chambertin

あきさ

6,680

フランスワインジャン・クロード・ボワセジュヴレィ・シャンベルタン 赤 750ml.hnJean Claude Boisset Gevrey-Chambertin

生産地 フランス 地域 ブルゴーニュ クラス AOPジュヴレィ・シャンベルタン 葡萄品種 ピノ・ノワール100% 色 赤 甘辛 - アルコール度数 12.5 ボディー感 ライト☆☆☆☆★フル コメント 黒系果実の多面的なアロマを持ち、酸とタンニンがしっかり したフルボディで、とてもバランスが良いワインです。力強 いタンニンですが、チャーミングな余韻と品のある後味。10 年以上熟成可能。この年の赤ワインはピュアでバランスが 良く、長熟向きのワイン。 畑に関する情報 土壌:6 ha 葡萄の栽培・収穫に関する情報 40hl/ha 醸造・熟成に関する情報 ブドウ畑で仕分けされた後、醸造所に運び再び選果する。 ブドウは完全に除梗されるが、破砕はされず丸ごとタンクへ 重力送りされる。マセラシオンは12℃のコールドマセラシオ ンの一週間を含み21日続く。天然酵母のみを使用し醗酵、 まれに果帽を破砕。15か月澱引きせず、樽熟成。新樽使用 率は30%。繊細なオーク香をワインに与えるために樽は時 間をかけて低温で焼かれたフレンチオーク使用。清澄は行 わないが、瓶詰前に丁寧に重力でろ過させる。 受賞履歴 - ワイナリー情報 ■ワイナリー名 - ※掲載画像と実物のデザイン・年号・度数等が異なる場合が御座います。

ジュヴレィ シャンベルタン メゾンカミーユジルー[2014]Gevrey-Chambertin Camille Giroud ブルゴーニュ

札幌ワインショップ

7,333

ジュヴレィ シャンベルタン メゾンカミーユジルー[2014]Gevrey-Chambertin Camille Giroud ブルゴーニュ

メゾン・カミーユ・ジルー Maison Camille Giroud カミーユ・ジルーが、自分の名前を冠した会社を設立したのは1865年のことでした。20世紀末になると、このワイナリーは伝統的なスタイル、長期熟成ブルゴーニュの代名詞的存在になっていました。昔ながらのスタイルを持つワインの在庫はまだ残っていて、1976年産のワインが今でも複数種発売されるほどです。 2002年、メゾン・カミーユ・ジルーはナパ・ヴァレーの100点ワインのカルト、 コルギングループに買収されました。 現在の運営は、醸造責任者兼技術顧問のダヴィッド・クロワ(ドメーヌ・デ・クロワの創設責任者)が担っています。 大規模な醸造設備の改修が行われ、特に古い樽の新樽への入れ替えが積極的に行われました。 今日、ワイン造りの水準は安定していて、非常に現代的なスタイルとなり、品質志向も高まっています。ただし、オーク風味を控えめにすること、ほとんど澱引きを行わないという伝統は今も変わらず継承されており、それぞれのキュヴェが特有の個性を失わなわないように配慮されています。 ほとんどレ・クラの畑のブドウで造られたこの鮮やかな紫色を呈したワインは、非常に上品でチェリーやラズベリーの見事な力強い印象を持ち合わせています。余韻は爽やかですが、と同時に濃厚でなめらかな印象もあり、長く上品です。

ジュヴレ・シャンベルタン ルネ ルクレール[2014]Gevrey Chambertin Rene Leclerc ルネ・ルクレール

札幌ワインショップ

7,992

ジュヴレ・シャンベルタン ルネ ルクレール[2014]Gevrey Chambertin Rene Leclerc ルネ・ルクレール

ジュヴレ・シャンベルタン村に約4haの畑を所有する醸造元です。 「月の満ち欠けに寄り添ったワイン造り」 ルネ・ルクレールは1974年に父親からの畑を弟のフィリップと分割した、ジュヴレ・シャンベルタンの名物兄弟ドメーヌです。 新樽を多く使い樽の風味を前面に出す力強い酒質の弟フィリップ・ルクレールのワインに比べ、ルネ・ルクレールのワインは、果実味が豊かで芳醇なクラシックな味わい。古き良きブルゴーニュワインを思わせます。 「私は月の満ち欠けと共に仕事をする。月は我々に影響を与える。新月の頃は天気が悪い。月が欠ける頃に樽の中の酵母が下に沈むから、その頃に澱引きを始める。自分は古いスタイルかもしれないけれど、大切なことは良いワインを造ること」 というルネ自身の言葉からも古いものを大切にしながらワイン造りを続けていく姿勢が窺えます。 アメリカのワイナリーでの修業を終えて帰ってきた、息子のフランソワも生産に加わっており、今後ますます注目される生産者。 フィリップ・ルクレールのようにラベルが剥がれることも無いし、コルクが緩くも有りません。 やや濃い色調のルビー色で、口中の中での凝縮感、ほどよくボリュームが広がり、緻密なタンニンがジュヴレのテロワールを表現してます。

2015 ジュヴレ シャンベルタン アルマン ルソー 赤ワイン 辛口 750ml Armand Rousseau Gevrey Chambertin 2015

代官山ワインサロン Le・Luxe

45,360

2015 ジュヴレ シャンベルタン アルマン ルソー 赤ワイン 辛口 750ml Armand Rousseau Gevrey Chambertin 2015

商 品 名 Armand Rousseau Gevrey Chambertin 1er Cru Les Cazetiers 2015 蔵 元 アルマン・ルソー / Armand Rousseau 産 地 フランス/France ブルゴーニュ地方/Bourgogne コート・ド・ニュイ地区/Cote de Nuits ジュヴレ・シャンベルタン村/Gevrey Chambertine 格 付 け A.O.C ジュヴレ・シャンベルタン / Gevrey Chambertine ヴィンテージ 2015年 品 種 ピノ・ノワール100% 種 類 / 味わい 赤red / 辛口dry 容 量 750ml 輸 入 元 リーファー輸入・定温倉庫保管強豪揃いのジュヴレ・シャンベルタンにおいて、最も尊敬を集めるドメーヌがアルマン・ルソー。 今日、15haを超えるまでに拡大したブドウ畑は圧巻のひと言に尽きる。 このうち村名畑はわずか3haに過ぎず、プルミエ・クリュも4ha弱に止まる一方、グラン・クリュは8haを超える規模なのだ。しかもシャンベルタン、シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ、マジ・シャンベルタン、シャルム・シャンベルタン(一部マゾワイエールを含む)、リュショット・シャンベルタンと、ジュヴレに9つあるグラン・クリュのうち6つを揃える豪華絢爛ぶり。さらにプルミエ・クリュの筆頭、クロ・サン・ジャックまで所有する。ルソーに優るライバルなしである。 このドメーヌのモットーとして各クリマの平均樹齢を40年以上に保つことがあり、そのため定期的な植え替えを行っている。それも各クリマが一定以上の面積だからこそ可能なことだ。 ブドウ栽培においては認証こそ取得していないものの、事実上のビオロジックで除草剤や殺虫剤は使用しない。また、エリック・ルソーはブドウの過熟を嫌い...

送料無料
ジュヴレイ・シャンベルタン レ・シャンポー[2006] Gevrey Chambertin Les Champeaux 750mlデュガ・ピィ Dugat-Py

ワインとお宿 千歳

45,360

送料無料

ジュヴレイ・シャンベルタン レ・シャンポー[2006] Gevrey Chambertin Les Champeaux 750mlデュガ・ピィ Dugat-Py

しなやかで、力強い、誘惑的な、甘い果実の詰まった宝石のようなワイン!。 ジュヴレ・シャンベルタンで5代続くドメーヌで、クロード・デュガとは従兄弟の関係。ピィは夫人の旧姓で、夫婦が共同で栽培から醸造、出荷までを手がけているので並べて表記しています。 ベルナール・デュガは1973年に15歳で最初のブドウ畑を手にし、ワインを造りを始めました。後に、シャルム・シャンベルタン、プティ・シャペル、ラヴォ・サン・ジャックの畑を受け継ぎましたが、それでも彼が所有する面積は4haに過ぎません。1989年までは生産するワインすべてを、ルロワをはじめとするネゴシアンに売却していましたが、現在はドメーヌ元詰めを行っています。 古樹の区画に恵まれ、家族全員がブドウ栽培に取り組み、収量を抑えるために厳しい剪定を行っています。ワインによって50〜100%の新樽が使われ、豊かで、凝縮し、完熟した果実味が層を成す、優れたワインを造り出しています。 ワインはいずれも生産量が限定されており、桁外れの品質を備え、力強さを擁しつつも見事にテロワールを表現した味わいはファン垂涎の的!となっています。 全てのワインにおいてその深遠な深く濃い色調、複雑な凝縮度の高い果実香、そしてただ単純に濃いだけではないエレガントなしっかりとした美しい酸を骨格に持つ、後味が永く、口の中に高貴な香りが保ち続けます。

シャルロパンジュヴレ・シャンベルタン ヴィエイユ・ヴィーニュ [2012]CHARLOPIN Gevrey Chambertin V.V.

マリアージュ・ド・ケイ

9,180

シャルロパンジュヴレ・シャンベルタン ヴィエイユ・ヴィーニュ [2012]CHARLOPIN Gevrey Chambertin V.V.

Vintage 2012年 生産国 フランス/ブルゴーニュ 生産者 ドメーヌ・シャルロパン 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750mlドメーヌ・シャルロパン ドメーヌ・シャルロパンは、モダンなワイン造りの先駆者と言われ、ジュヴレ・シャンベルタンを拠点にブルゴーニュ全域で40を越えるアペラシオンを手掛ける名門ドメーヌです。 ■ ドメーヌ・シャルロパン 1956年生まれのフィリップ・シャルロパン氏は、22歳のときに父アンドレから2ha弱の畑とドメーヌを引き継ぎワイン造りを始めました。当初、マルサネ村でワイン造りを行っていましたが、生産量が増えきたことを機にジュヴレ・シャンベルタンに拠点を移したことで名実ともにジュヴレ・シャンベルタンのドメーヌとなりました。現在、マルサネ、フィサン、ジュヴレ・シャンベルタン、モレ・サン・ドニ、シャンボール・ミュジニー、ヴォーヌ・ロマネに17haの畑を持ち「シャンベルタン」「ボンヌ・マール」「エシェゾー」など、なんと8つのグラン・クリュを手掛けています。赤のイメージが強いシャルロパンですが、2007年からはシャブリもリリース。現在はフィリップの息子、ヤン・シャルロパン氏が白ワインを担当し、親子でドメーヌを営んでいます。 フィリップ ・シャルロパン氏はピノ・ノワールの神様と呼ばれるアンリ・ジャイエ氏から指導を受けた一人で、愛弟子として可愛がられていたと言われています。 【シャルロパンのワイン造り】ブドウの質そのものが、その後の醸造、そしてワインの質を決定すると考えるため、極力自然の力を邪魔しないように、かつブドウの樹が自力で凝縮味のある果実を結実できるよう、細心の注意を払っています。その一つとして挙げられるのが、リュット・レゾネ(減農薬農法)の採用...

ルイ・ジャド ジュヴレ・シャンベルタン [2014]Louis Jadot Gevrey Chambertin

マリアージュ・ド・ケイ

7,128

ルイ・ジャド ジュヴレ・シャンベルタン [2014]Louis Jadot Gevrey Chambertin

Vintage 2014年 生産国 フランス/ブルゴーニュ 生産者 ルイ・ジャド 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750mlドメーヌ・ルイ・ジャド 『 自社畑の殆どがグラン・クリュとプルミエ・クリュ 』 ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積154ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。ドメーヌはその所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ガジェ、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手しました。 格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。とくにボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュの一部であるクロ・デ・ズルシュールは、2.75ヘクタールのモノポール...

ブシャール・ペール・エ・フィスジュヴレ・シャンベルタン [2014]Bouchard Pere & Fils Gevrey Chambertin

マリアージュ・ド・ケイ

5,346

ブシャール・ペール・エ・フィスジュヴレ・シャンベルタン [2014]Bouchard Pere & Fils Gevrey Chambertin

Vintage 2014年 生産者 ブシャール・ペール・エ・フィス 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/辛口/ミデイアム〜フルボディ 内容量 750ml「ブシャール・ペール・エ・フィス」 ブシャール ペール エ フィス社は、1731年、ミッシェル ブシャールによってボーヌの街に創業されました。当初は織物商としてのスタートでしたが、息子ジョセフの代にワイン業にも参入し、1775年には、ヴォルネー畑、タイユピエ畑など、現在の1級畑にあたる優れた区画を購入。醸造元でもありワイン商でもあるという、今日まで続く会社形態の礎を築きました。 現オーナーのジョセフ・アンリオ氏が求める「理想のワイン」とは、まず何よりも「ひとつひとつの畑の個性が忠実に反映されていること」。そのためには、伝統的な農法で畑の土壌を活性化し、同時に収穫量をぎりぎりまで制限することが大切といううことです。凝縮味を増した葡萄を熟練した摘み手が一房一房、手で選別しながら収穫し、醸造層に入れる前に、もう一度テーブルの上で選果するという厳密な工程がとられています。 【赤ワイン】100パーセント除梗後(畑やヴィンテージによっては、一部房ごと使うこともあります)、小さな発酵槽で12日から20日間、果実味を大切にしつつ、必要にして十分なタンニンが抽出されるまで発酵。その後ソフトに圧搾してから小樽に移します。 《ブシャール・ペール・エ・フィス ジュヴレ・シャンベルタン》ブラックチェリーを思わせる果実味と美しい酸味を生かした、豊かで複雑味のあるワイン。湿った土や鉄分など、ジュヴレ・シャンベルタンの特徴が出ています。複数の有力生産者からぶどうを調達することで、アペラシオンの特徴を見事に表現しています。優れたネゴシアンとしての力量が発揮されている1本です。

ダヴィド・デュバンジュブレ・シャンベルタン [2014]DAVID DUBAND Gevrey-Chambertin

マリアージュ・ド・ケイ

7,128

ダヴィド・デュバンジュブレ・シャンベルタン [2014]DAVID DUBAND Gevrey-Chambertin

Vintage 2014年 生産国 フランス/ブルゴーニュ 生産者 ドメーヌ・ダヴィド・デュバン 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750mlドメーヌ・ダヴィド・デュバン 厳格な評価で有名なワイン評価本の2015年版ル・メイユール・ヴァン・ド・フランスで、ドメーヌ・ダヴィド・デュバンが最高の3つ評価に昇格 !! ■ ダヴィド・デュバン氏 1971年生まれ、ブルゴーニュの若手醸造家で注目度がNo.1といえる実力派の造り手です。1970年父親がこのドメーヌを始め、生産した全量を生産者協同組合に販売していました。デュバン氏は19歳で学校を卒業して、ワイン造りに携わるようになり、その後Domaine Amiot Servelle(母方の親戚)やDomaine L'Arlotでスタジエをし、またジャイエ・ジル氏とも出会い、1993年頃から親交を持つようになりました。ワイン造りにおいて、葡萄栽培に最も力を注いでいます。手間を掛け、愛情を注ぎ、丁寧に葡萄栽培をすることが最も重要だと考えています。その労力を惜しまないため、畑にいる時間が最も長くなっています。ここ数年は、ほぼ有機に近い状態で葡萄を栽培しています。2006年には樹齢の高い畑を所有することで有名なジャッキー・トルショ氏の畑を引き継ぎ、醸造と販売を開始しました。 醸造については、自然な状態で醗酵・熟成させることを理想としています。細心の注意を払いながら醸造テクニックに頼らず、人為的介入を極力避ける方法で行っています。瓶詰め後、すぐ飲むことも出来、長期熟成も可能である芳醇な果実味、酸味、タンニンなどの要素の構成が十分で、バランスのとれた味わいのワインを造ることを目指しています ■ ダヴィド・デュバン ジュブレ・シャンベルタンブルゴーニュの銘醸造家ジャッキー...

送料無料
ドメーヌ・アルマン・ルソージュヴレイ・シャンベルタン [2015]Domaine Armand Rousseau Gevrey Chambertin

マリアージュ・ド・ケイ

34,560

送料無料

ドメーヌ・アルマン・ルソージュヴレイ・シャンベルタン [2015]Domaine Armand Rousseau Gevrey Chambertin

Vintage 2015年 生産国 フランス/ブルゴーニュ 生産者 ドメーヌ・アルマン・ルソー 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750mlドメーヌ・アルマン・ルソー Domaine Armand Rousseau『 ジュヴレ・シャンベルタンのトップ・ドメーヌ 』 18世紀初頭、心無いネゴシアンによって不正なブレンドが横行しており、商慣習上タブー視されていた元詰をアルマン・ルソー氏がダンジェルヴィル、グージュ、グリヴォらと組織を結成して1915年頃に実現。ネゴシアンに樽で売るのをいち早く止めてブルゴーニュワインの品質向上に大きな貢献をしました。2代目のシャルル氏は、1959年当時には6haだった所有畑を14haまで拡大。所有面積の半分以上の8haをグラン・クリュが占めます。醸造や栽培の実務はすでに10年以上前から息子のエリック氏に譲っています。 ドメーヌ・アルマン・ルソーにとってワイン造りとは、「こちらがアペラシオンの特徴を表現するものではなく、土壌の方から語りかけてくるものである」という。その言葉を体現するかのように、土壌本来の力に任せるため20年前から肥料を使用していません。 数年前よりリュット・レゾネに切り替え農薬もボルドー液や硫黄など昔から伝わるものを選んでいます。 ■ ドメーヌ・アルマン・ルソー ジュヴレイ・シャンベルタン特級、1級格付けの畑が約12haもあるのに対して、村名のジュヴレ・シャンベルタンはたったの2haだけです。村名格付けとは思えないほどの完成度を持ったワインです。

ジュヴレ・シャンベルタン ドメーヌ・アルロー[2015]Gevrey-Chambertin Domaine ARLAUD Pere&Fils 750ml

札幌ワインショップ

11,880

ジュヴレ・シャンベルタン ドメーヌ・アルロー[2015]Gevrey-Chambertin Domaine ARLAUD Pere&Fils 750ml

ドメーヌ・アルロー ワインの改革児 1942年ジョセフ・アルローにより蔵は創設されました。 現在は2代目のエルヴと3代目の息子のシプリアンで15へクタールの畑で葡萄を栽培醸造しています。 ドメーヌはモレ・サン・ドニに位置するが、ニュイ・サン・ジョルジュにも14世紀からのカーヴを持ち、現在ではオールド・ヴィンテージのストック用としています。 1998年よりニュージーランドと南アフリカでシャルドネとピノ・ノワールのワイン造りを修行してきたシプリアンの参画によって、畑仕事は全てリュット・レゾネとなり、殺虫剤、除草剤の使用は一切使用していません。 2004年からすべての畑においてビオを実践しています。 シプリアン(Cyprien)が2000年に醸造責任者になり、果実味がより豊かで、尚かつエレガントさに磨きが掛かってきました。 彼はいろいろなところでのスタジエ(ワイン造りの助手)を経てドメーヌに戻ってきました。 早速グリーン・ハーベスト(実の熟す前に摘果してしまうこと)を積極的に行ったり、果実の実った段階であまり良くない樹を畑から抜いて果実の品質を安定させるなど、質の高いワイン造りに積極的に取り組んでいます。所有している葡萄の樹齢は平均的に古く35年〜50年です。 そして収穫量もかなり制限していて、単なるブルゴーニュ・ルージュでも35hl/haです。 村名のAOCのものは30hl/ha、一級は28hl/ha、そして特級は25hl/haにして凝縮した葡萄からテロワールが反映されたワインを醸造しています。 シプリアン氏の品質に対するこだわりの一環として、徹底した選果を行い、基準に満たない葡萄や樽は全てネゴシアンに売却してします。そのため、必然的に最高水準のものだけが瓶詰される仕組みになっていて、今やフランス国内だけでなく、ロバート...

ジュヴレ・シャンベルタン ヴィエイユ・ヴィーニュ[2014]ドメーヌフーリエGEVREY CHAMBERTIN V.V. Domaine FOURRIER

札幌ワインショップ

18,252

ジュヴレ・シャンベルタン ヴィエイユ・ヴィーニュ[2014]ドメーヌフーリエGEVREY CHAMBERTIN V.V. Domaine FOURRIER

フーリエらしさが最も表現された、プルミエ・クリュに匹敵する村名ワイン。 めくるめく華やかなアロマが魅了する複雑な味わい。 ドメーヌ・フーリエは本拠地をジュヴレ・シャンベルタンに構える19世紀半ばから続く名門ドメーヌ。 ジュヴレ・シャンベルタン以外にも、モレ・サンドニ、シャンボール・ミュジニー、 ヴージョに9.5haを所有し、特級畑と一級畑が所有面積の70%ほどを占める豪華絢爛なドメーヌです。 現在の当主は1971年生まれの若き情熱家ジャン=マリー・フーリエ氏。 5代目になるジャン=マリー氏はボーヌのワイン農業高校を卒業後、父の仕事を手伝いながらブルゴーニュ大学の醸造講座に通いワイン造りを学びました。 そして1988年には半年間ブルゴーニュの神様と今でも称えられる。 故アンリ・ジャイエ氏の下でワイン造りを伝授されました。 さらに1993年にはアメリカのオレゴンに渡り、名手ジョセフ・ドルーアンからアメリカのピノ・ノワール造りを学んでいます。 こうしてブルゴーニュに限らず、世界のピノ・ノワールを研究したフーリエのワインは共通して 「複雑で力強いが、やわらかさもあり癒しのある味わい」が特徴です。 その神秘的な味わいは彼のワイン造りに対する考え方から生み出されます。 自ら「テロワリスト」(テロワール至上主義者の造語)と名乗り 「誰の真似でもない、自分だけのワイン造り、哲学がある」として テロワールと高貴なブドウ品種ピノ・ノワールの純正さを表現することに努めています。 「僕のブドウにはパワーがあるから、あまり手を加えない方がテロワールを感じられる自然のままの力強いワインになるんだ。 僕たちがブドウに教えるのではなく、ブドウから聞くんだ。 全てはブドウが教えてくれるんだ」と語るフーリエ氏。 自然を支配することを好まず...

ルイ・ラトゥールジュヴレ・シャンベルタン [2014]Louis Latour Gevrey-Chambertin

マリアージュ・ド・ケイ

7,236

ルイ・ラトゥールジュヴレ・シャンベルタン [2014]Louis Latour Gevrey-Chambertin

Vintage 2014年 生産国 フランス/ブルゴーニュ 生産者 ルイ・ラトゥール社 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750mlルイ・ラトゥール ルイ・ラトゥール社は200年以上も続く家族経営の、ブルゴーニュを代表するつくり手です。 ブルゴーニュ2大白ワインのひとつといわれる「コルトン・シャルルマーニュ」の生みの親としても広く知られています。 1731年に一族がブルゴーニュの中心コート・ド・ボーヌでぶどう畑を所有し、ぶどうの栽培と樽づくりを手がけたことに始まります。1768年にアロース・コルトン村へ移住した一族は、フランス革命直後の1797年に、醸造家かつネゴシアン(ワイン仲買人)として創業を迎え、まだ残る革命の余波をもろともせず、徐々に自社畑を広げていきました。今やコート・ドールでは最大のグラン・クリュを所有し、プルミエ・クリュ(村名畑)を加えると60haにもおよぶ [コルトンの帝王] と称されています。 ■ ジュヴレ・シャンベルタンコート・ド・ニュイからの伝統的なブルゴーニュ赤ワインです。 村はその地で最も有名な畑、グラン・クリュ“シャンベルタン"から名づけられました。 ルイ・ラトゥール社のジュヴレ・シャンベルタンは、絹のように滑らかで柔らかく、ストロベリーやチェリーの香りが感じられます。熟成を経ると、皮やリコリス、ジビエなどを思わせる香りや味わいが現れます。 ■ ルイ・ラトゥール ジュヴレ・シャンベルタンこの深い色合いのピノ・ノワールは、カシスと新鮮なラズベリーのアロマに溢れています。口に含むと優美なテクスチャーであり、熟した繊細なタンニン、熟した果実、わずかなスパイスが感じられます。

トルトショ  ジュブレ・シャンベルタン レ・ジェーヌ・ロワ [2014]TORTOCHOT Gevrey Chambertin Les Jeunes Rois

マリアージュ・ド・ケイ

5,724

トルトショ ジュブレ・シャンベルタン レ・ジェーヌ・ロワ [2014]TORTOCHOT Gevrey Chambertin Les Jeunes Rois

Vintage 2014年 生産者 トルトショ 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/辛口/ミディアム〜フルボディ 内容量 750ml「トルトショ」 ガブリエル・トルトショは、ブルゴー ニュワインの擁護に全力を尽くし、 「ジェヴレー・シャンベルタンワイナリ ー労働組合」の会長を務めると同時に、 「INAO国際委員会」にも精力的に参加 します。ジェヴリーテロワール にかける情熱を、自身の子供である ブリジットとシャンタルに継承しました。 シャンタルさん シャンタルはディジョンで高等商業学を修了した後、独立への道を探索します。15年間 に渡って、ブルゴーニュにある様々なインダストリー企業で、経営管理職を務めます。 35歳を迎えた年にあらたな方向転換を志し、ワイン学技術の資格を獲得し、ジュール・ ギヨ研究所(在ディジョンブルゴーニュ大学)にてブドウ園学の修士を修めたのち、家族 のドメーヌに合流しました。シャンタルは、ワイナリーにおける新世代を担い、自然 にやさしいワイン栽培、テロワールの実感できる味わいのワインを志しています。 《トルトショ ジュブレ・シャンベルタン レ・ジェーヌ・ロワ》村名ACのワインですが、畑名を表示する為その基準は、1級に準じています。穏やかで落ち着きのある味わいです。

送料無料
ジュブレ・シャンベルタン オー・コンボット[2003]Gevrey Chambertin Aux Combottes 750mlドメーヌ・デュジャック Domaine Dujac

ワインとお宿 千歳

45,360

送料無料

ジュブレ・シャンベルタン オー・コンボット[2003]Gevrey Chambertin Aux Combottes 750mlドメーヌ・デュジャック Domaine Dujac

ドメーヌ・デュジャック:ジャック・セイスさんは2人の息子さんもすでにワイン醸造を手伝うほどのお年にな ったにもかかわらず、ワインに対する情熱はまだまだ尽きません。 1989年には「もっと多くの人に手頃な価格のワインを」という夢を実現するために、ロマネ・コンティのオーナ ー、ヴィレーヌさんと手を組んで南仏に進出。2003年にはぶどう畑こそ所有しないものの、醸造からボトル 詰めにいたるまでドメーヌ・デュジャックと同じ造りを行う「デュジャック・フィス・エ・ペール」を設立しました。 さらにはドメーヌ・デュジャックでも白の1級ワインを造ったり、クロ・ド・ラ・ロッシュの若木で新しく「モレ・サン ・ドニ1級」を造ったりと、飽くなき探究心がドメーヌ・デュジャックを動かし続けています。 長男ジェレミー氏(左)・ジャック セイス氏(右) 名を通常のペール・エ・フィス(父&息子)ではなく、フィス・エ・ペール(息子&父)としたのは、最初の3年間 は父が主体ですが、その後はジェレミーが中心になって運営するようにと言われた為。 デュジャックによって命を吹き込まれたワインは、今までのブルゴーニュワインの概念を大きく覆 すワインでした。この新しいブルゴーニュワインに世界中は虜になりました。 ジャック・セイスさんが取った手法は、より「土地の風味」を引き出すノンフィルター(無ろ過)やノンファイニ ング(無清澄)という方法。それまでは雑味が出やすいと言われていた手法を、ぶどう栽培の段階から醸造 の細部にいたるまで気を配った丁寧なワイン造りで、見事なワインを造っています。 そうして造られたワインは、「色は明るいのに味が濃い」という、デュジャック独特のスタイル。これはデュ ジャックの全てのワインに共通する特徴で、どんな畑のワインであろうとエレガントさと長期熟成する力を...

送料無料
ジュヴレ・シャンベルタン・クロ・サン・ジャック [1976] Gevrey Chambertin Clos Saint Jacques 750ml ルモワスネ Remoissenet

Amazon

95,040

送料無料

ジュヴレ・シャンベルタン・クロ・サン・ジャック [1976] Gevrey Chambertin Clos Saint Jacques 750ml ルモワスネ Remoissenet

ルモワスネはブルゴーニュのトップといわれるドメーヌのワインを買い付けてきた。そのワインを長く寝かせ飲み頃になって蔵より出荷する。公にすることは無いが間違いなくジュヴレのトップドメーヌ(アルマンルソーか)のキュヴェであることは間違いないだろう。このワインがそのドメーヌの名で市場に出たのであれば数十万はくだらない一本です。このワインを知らずして古酒は語れないと つくづく感じさせられます。絶対 おすすめ!!【オーナーYamazakiのいち押し!】2005年 Paris ギャルドリオン駅で 偶然出会った ロラン氏(会長)実は 2004年 彼は引退したと聞いていたのです。もう会えないと思っていたので Paris?Beauneに向かうTGVの中でロラン氏が 我々の席にずっと座ってお話しをしてくれた時日頃 どうしても聞きたかったことを このときとばかり 質問してみたのです。私は 1973年の ラボーサンジャック と クロサンジャックは 誰のキュベかを ・・・・??そう 優しさの中にある 綺麗なタンニンと酸 そして 30年という時間の蓄積!!仮に このキュベの持ち主が 今 現存していたら 当時何歳なのだろう????どんな 哲学で 将来のワイン造り をしていたのだろう。とそして まだ無名の彼(ルソーと教えてくれたこのキュベ)が 今 世界中から 注目されている造り手だとしたら と 仮説を立てると もう このワインを飲める “ 幸せ " は ルモワスネ しかない と。アルマン・ルソー2000年 Clos Saint Jacques * 正規輸入 AMZ 蔵出し

ジュヴレ・シャンベルタン プルミエクリュ コンブオーモワンヌ [2003]Gevrey Chambertin 1er cru Combes Aux Moines Philippe Leclerc...

札幌ワインショップ

13,932

ジュヴレ・シャンベルタン プルミエクリュ コンブオーモワンヌ [2003]Gevrey Chambertin 1er cru Combes Aux Moines Philippe Leclerc...

ジュヴレ・シャンベルタン村の村役場のすぐ近くにセラーをもつドメーヌ・フィリップ・ルクレール。 顎髭に天然パーマ、黒い服にスタッズ入りのレザーアイテム。 すでに還暦を超えるというのに、ロックミュージシャンのような容貌をしたフィリップ・ルクレールは、いつ会ってもエネルギッシュ!ブルゴーニュの内田裕也的存在。そのセンスや拘りには他とは圧倒的に違います。 フィリップ・ルクレールのワインはあの特徴的な楯形のラベルからひと目でわかる。 そして彼が造るワインは、フィリップ本人やボトルから発せられるメッセージそのもの。 きわめてエネルギッシュで躍動感溢れるスタイルとなっている。 アメリカだと、「シネ・クア・ノン」のオーナーであるマンフレッド・クランクルと良く似ています。 クランクルさんも、2015年にバイクの事故で大怪我をしました。フィリップもやんちゃなバイク乗りです。 ノーヘルで疾走しているようです。 ワインにも強いこだわりを持っています。 誰よりも遅い収穫、高めの発酵温度、長い樽熟成。 ただし、アメリカ市場で多いにもてはやされた90年代の風味からは脱皮。 抽出の強いピジャージュは頻度を減らして柔らかなルモンタージュに、発酵後のポストマセレーションは止めた。 昔はブルゴーニュ・ルージュから新樽100%熟成だったがそれも改め、今日の新樽率はブルゴーニュ・ルージュで10%、村名ジュヴレ・シャンベルタンで60〜70%、1級もので100%となっている。 フィリップはこれを変化ではなく進化(エヴォリューション)だと言う。 昔のブルゴーニュワインは何年も寝かせてから飲む人が多かったが、今は市場に出たらすぐに消費してしまうのがトレンド。それに合わせての進化である。 では反対に、長期熟成に耐えられないワインになってしまったのかといえばそうではなく...

スポンサーリンク
スポンサーリンク